【まず薬の前に試したい】薬なしで頭痛を止めるライフハック8選

頭痛がすると仕事や勉強がはかどらないのみならず、楽しいことも楽しめなくなってしまします。手っ取り早いのは痛み止めなどの薬などを取ることですが、あまり頻繁に痛みで目などを飲んでいると消化器系のトラブルが増えることもあります。

そこでまず薬を飲む前に試したいライフハックを8つあつめてみました。

1. カフェイン

短い間ですがカフェインで頭痛をしのぐことができます。カフェインには血管を収縮させる作用があるので、血管の拡張によって起こる頭痛に対して効果があります。ただし飲み過ぎには注意しましょう。カフェインには利尿効果があるのでそれもまた頭痛の原因になります。

2. できるだけ噛まない

ガムを噛む人、爪や頰の内側を噛む人、また特に歯ぎしりをする人も要注意。歯ぎしりをする人は起床時の頭痛を感じることも多いはずです。心当たりのある人はマウスピースをつけましょう。

3. ツボ押し

頭や顔のツボを30秒ずつ押して頭痛を緩和させましょう。

  • 印堂(いんどう)

 

  • 攢竹(さんちく)

 

  • 迎香(げいこう)

 

  • 天柱(てんちゅう)

  • 率谷(そっこく)

4. 頭蓋への圧力

例えばキツ過ぎるポニーテールは頭痛の原因になります。他にも「外部圧迫」による頭痛には帽子類、ヘルメット、競泳ゴーグルなどが原因になることがあります。

5. 電解質

電解質が不足している場合にも頭痛になる場合があります。水を飲んでバナナを食べると電解質を素早く補給できます。また汗をたくさん書くと電解質も失われます。運動前後に水分補給とともに塩気の多いナッツなどを食べて補給しましょう。

6. 氷を当てる

この方法は地域によっては150年以上も前から使われています。頭の痛いところのアイスパックを押し付けましょう。冷やすことによって炎症が抑えられます。

7. 生姜

生姜にも頭痛を和らげる効果があります。ジンジャーティーや生姜のエッセンスの詰まったカプセルなどを取ります。これはお腹の調子が悪い時にも効き目があります。

8. 照明を暗くする

明るすぎる光や点滅する光は頭痛の元になります。頭痛になりやすい人は遮光カーテンを使ってみましょう。また屋外ではサングラスを忘れずに。家では自然光に近いフルスペクトルライトを使いましょう。

人によって、また頭痛の種類によって効果が感じられる方法は異なります。頻繁に起こる頭痛は見過ごさないようにしましょう。このような頭痛は体が発す大切なサインの場合があります。病院で医師の診断を受けましょう。

コメント

おすすめの記事