脂肪を落とす!きゅうりの味噌ヨーグルト漬けの作り方

ギネスで「世界で一番、栄養がない野菜」に登録されたという噂が流れ、その濡れ衣を着せられたきゅうり。正式には「最もカロリーが低い果実」(日本では野菜扱いですが、海外では果実の扱いのようです)としてギネス登録されており、栄養がないというのは大きな誤解。

きゅうりは90%が水分と言われていますが、食物繊維やβカロテン、ビタミンC、カリウムなどミネラルを豊富に含み、便秘を解消し、体の酸化を防ぎ肌荒れを予防してくれると言われています。

さらに注目すべきはホスホリパーゼという脂肪分解酵素。この酵素は、脂肪を燃やす力や代謝を高める働きに加え、食事の脂肪を分解して排出する作用を持っています。これによってダイエット効果も期待ができるそう。

体重計

そんなダイエットの強い味方のきゅうりを、さらに強力なダイエットフードにすることができると言われています。それがきゅうりの味噌ヨーグルト漬け

味噌に含まれる酵母とヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内に入ると善玉菌の餌になり、短鎖脂肪酸という「やせ酸」と呼ばれるものを生み出すようになります。このやせ酸には、腸の動きの活性化、代謝アップ、脂肪吸収の抑制、食欲抑制などの効果があり、きゅうりの脂肪分解酵素ホスホリパーゼと組み合わせることで、より高いダイエット効果が期待できるそうです。

この方法でなんと2ヶ月で11キロの減量に成功した人もいるんだとか。きゅうりの味噌ヨーグルト漬けの作り方はこちら。

<きゅうりの味噌ヨーグルト漬け>

漬物

材料:

味噌 100g
ヨーグルト 30g
きゅうり 1本
※作る本数によって、味噌とヨーグルトの割合が大体3:1になるように調整してください。

作り方:

① 味噌とヨーグルトを良く混ぜ合わせます
②きゅうりを塩もみして洗い、キッチンペーパーなどで水気を拭き①の味噌ヨーグルトをジップロック などの保存袋または保存容器に入れます。
③冷蔵庫で4〜5時間ほど寝かせて完成。

食べ方:

食前に1本、味噌ヨーグルトを軽く洗い流して食べます。ゆっくり20回程よく噛んでください。脂肪分解酵素であるホスホリパーゼはゆっくり噛むことで細胞膜が破壊されて出てくると言われています。

漬物

また余った味噌ヨーグルトはお味噌汁にも再利用してOK。ヨーグルトの酸味はほとんど感じることはないそうです。

やせ酸を増やすヨーグルトと味噌に、脂肪分解酵素を持つきゅうりの最強コンビ。ご飯のお供のきゅうりの漬け物がダイエットの強力な助っ人になってくれそうですね。

また以前にご紹介したきゅうりの栄養素についてはこちらからご覧いただけます。

コメント

おすすめの記事