若返り効果バツグンのローズマリー軟膏・ローズマリーチンキの作り方

みなさんは「ハンガリー王妃の水」や「ハンガリー水」という言葉を耳にしたことがありますか?若返りの薬としても知られるハンガリー水は、ローズマリーをアルコールと共に蒸留した香水のことです。

その名の由来として、13世紀のハンガリー王妃エルジェーベト1世が、70歳を過ぎた頃にこの香水を身体に塗布したところ、みるみるうちに若返り、隣国ポーランドの20代の王子から求婚されたという伝説が語り継がれています。(実際のエルジェーベト王妃は24歳でこの世を去っています)

pin

ローズマリーを何度も蒸留して作るハンガリー水を自宅で作るのは至難の業ですが、ローズマリーをアルコールに漬けて作る「ローズマリーチンキ」なら簡単に作れるうえ、高価なハンガリー水と同じ若返り効果が期待できます!ローズマリーに含まれるシワやシミに効果的とされる「ウルソール酸」をアルコールの力で摘出できるからです。

それでは早速、若返り・シワ改善・シミ取り効果バツグンといわれる「ローズマリーチンキ」の作り方を見ていきましょう。

Twitter/GoutteBroderie

必要なもの:

  • 乾燥ローズマリー 20g (生の場合は2倍量)
  • 保存用のガラス瓶
  • 無水エタノール

作り方:

  1. 保存用の瓶を煮沸消毒する
  2. 消毒した瓶に乾燥ローズマリー20gを投入する
  3. 無水エタノール100mlを入れてローズマリーを浸す
  4. フタを閉めて瓶を軽くふってローズマリーにエタノールを馴染ませる
  5. 3週間〜1ヶ月ほど暗所で保管すれば完成!

Twitter/GoutteBroderie

これでウルソール酸たっぷりのローズマリーチンキが出来ましたが、そのまま手持ちの化粧品と混ぜても、若返り効果は期待できません!なぜならウルソール酸は「ワセリン」としか混ざらないからです!ここからはワセリンを使ったローズマリー軟膏の作り方を紹介します。

Twitter/GoutteBroderie

必要なもの:

  • ローズマリーチンキ 10ml
  • ワセリン 10g (精製度の高い白色以上のもの)
  • 軟膏を保存する容器
  • ビーカー
  • ガラス棒
  • 湯煎用の鍋

注意:使用するビーカーや保存容器などは事前に煮沸消毒してください。ローズマリーチンキは漉して不純物を取り除いておきましょう。

pin

作り方:

  1. ワセリンとローズマリーチンキを1対1の割合でビーカーに入れる
  2. 水を張った鍋を火にかけ、温度が上昇してきたら、ビーカーを入れる
  3. 沸騰したお湯で湯煎しつつワセリンをアルコールが抜けきるまでガラス棒でよく混ぜる
  4. アルコールが抜けたらビーカーを取りだして粗熱をとる
  5. 保存容器に注いで、机の上にトントンして空気を抜く
  6. 冷えて固まったら完成

出来上がったローズマリー軟膏は保湿クリームとして手や体に使っても良いですし、ピンポイントにアイクリームやリップクリームとして使うのも良しです!

いかがでしたか?安価で簡単に作れますので、みなさんも若返り効果バツグンのローズマリー軟膏をぜひお試しあれ!

注意:ローズマリーチンキ、ローズマリー軟膏を使用する前に必ずパッチテストを行って下さい。ローズマリーチンキ、ローズマリー軟膏はあくまでも手作り化粧品ですので、使用中に少しでもお肌に違和感を感じたら、すぐさま使用を中止し、医師の診察を受けて下さい。

プレビュー画像:©︎Pinterest/bc.marfeel.com, ©︎Twitter/GoutteBroderie

出典

プレビュー画像:©︎Pinterest/bc.marfeel.com, ©︎Twitter/GoutteBroderie

 

コメント

おすすめの記事