うつ病や精神疾患を引き起こす悪い習慣10選

うつ病、パニック障害、社会不安障害…。これらの病には必ずしも明確な原因が存在する訳ではありません。 しかし日々の何気ない“習慣“が、結果としてこうした病を引き起こす場合があることを多くの人は知らずにいます。そこで今回はみなさんに「精神に悪影響を及ぼす習慣悪い10選」を紹介します。身に覚えのある方は要注意!

1.猫背

pin1

ある研究で猫背は身体に悪影響を及ぼすのみならず、精神衛生上良くないということが判っています。姿勢の悪い人の方が、そうでない人に比べて気分の浮き沈みが激しく、ネガティブな感情に囚われやすいことが判明したといいます。

2.写真を撮ってばかり

pin1

身の回りの出来事をなんでもすぐ写真に収めてしまう人は、自分が体験したはずなのに、それを思い出すのに苦労することがあります。そうならないためにも、なぜ今その写真を撮りたいのか一度よく考える事で、無意味に何枚も撮影するのを防げます。もちろん一番はスマホやカメラをしまっておいて、その瞬間を楽しむ事ですが…。

3.運動不足

pin1

運動は身体だけでなくメンタルヘルスにも効果的です。運動をすると気分がスッキリしたり、明るい気持ちになったりしますよね。ある研究によれば週3回スポーツをする人はうつになる確率がそうでない人に比べて19%も低かったそう。怠けたくなる気持ちは誰にでもありますが、散歩やジョギングに出かける習慣をつけることで、効果的なうつ予防になります。

外出自粛とされる今ですが、マスク装着、他の人との距離を取りながらの軽い運動は取り入れた方が良さそうです。

4.先延ばし病

pin4

嫌なことや面倒なことを先延ばしにしてしまったことは誰にでもあるはず。人が物事を先延ばしをするのには、不安とストレスの2つの原因があると言われています。先延ばしによる負の連鎖を断ち切るためには、面倒な事柄をひとつ片付ける度に自分にご褒美を与える方法が効果的です。例えば、溜まっていた洗濯物を終えたら、ご褒美に好きな海外ドラマを観るのです。こうすれば無意識に面倒な家事や仕事を、不安やストレスと結びつけて考えることが無くなるためです。

5.睡眠不足

pin5

睡眠不足は運動能力(作業能力)を低下させるのみならず、精神を不安定な状態にさせ、うつ病につながる場合もあります。こうしたことから睡眠不足に悩んでいる人は、まずその問題の解決に集中するべきです。布団、室温、湿度など、寝室の環境を整えることで、睡眠の質を高めることができます。

6.人と会ってばかり

pin6

少し意外ですが、毎日人と会ってばかりいるのも、精神上良くありません。それは人間が幸せを感じるために必要不可欠である「自分と向き合う時間」がない事を意味しているからです。自分を見つめ直す時間を作ることで、初めて人生の目標を具体化させることができます。ですからたまには独りでいる時間をもつようにしましょう。

7.バーチャルな会話ばかり

pin7

ソーシャルメディア、特にFacebookやLINEの普及で、友人や家族とコミュニケーションをとるのが比較的楽になった今日。しかし、リアルな人間関係を完全にバーチャルなコミュニケーションに置き換えることはできません。そのため、最低でも週に1度は家族や友人と会う時間をもつことをオススメします。

コロナで人と気軽に会えない今はオンライン飲み会などで人との繋がりが大切になっていますが、コロナが過ぎ去った頃には実際に顔と顔を合わせて大切な人と会う時間を持ちたいですね。

8.スマホ依存

pin8

何時間もスマホを見つめているのは、目に悪いだけでなく、精神状態にも悪影響を及ぼします。実に様々な機能が備わっているスマホを日頃から使っていると、あなたの五感は過剰な刺激によって、休むヒマがなくなってしまいます。それはつまり体や脳が定期的に再生することができないことを意味します。そこで、1日の内にスマホを使わない時間を決めて、それをしっかりと守って下さい。

9.不健康な恋愛関係

pin9

恋愛関係が全て人を幸せにしてくれる訳ではありません。現実はその正反対で有害な人間関係はうつ病などの精神疾患を助長させることすらあります。特にパートナーがあなたの自信を傷つけるような発言をしたり、すべてをあなたの責任にするような人なら要注意。そのパートナーは知らず知らずの間にあなたのメンタルヘルスにネガティブな影響を与えています。もし彼氏 or 彼女との関係があなたにとって有害な物なら、うつ病や不安障害のリスクを減らすためにも、別れを告げることを念頭において下さい。

10.真面目過ぎる

pin10

何事にも真面目で、考え事ばかりしている人に限って、人生の楽しみを見失いがちです。もし恥ずかしい思いをしたら、思い悩むのではなく、そんな自分を自虐して笑える強さを持ちましょう。古くから「笑う門には福来たる」と言われている通り、笑いは精神に安定をもたらしてくれることでしょう。

いかがでしたか?自分に当てはまる項目が1つでもあるという人は、問題解決に向けた努力をしっかりと心がけて下さい。そうすればうつ病になるリスクを最小限に抑えることができるかもしれません。

出典

weekend

コメント

おすすめの記事