妊婦さんの体を助けてくれる賢い裏ワザ12選

赤ちゃんに出会える嬉しさとワクワク感、期待と不安、出産の痛みに対する恐怖感などが入り混じった感情でいっぱいの妊娠中。 普段と違う体の不快感、体調の変化に戸惑うことも多いはず。

妊娠中の不快症状も人によってさまざまですが、先輩ママたちが体を張って試した裏ワザならきっとどれか役に立つものもあるはずです。すでに手元にあるものをうまく使って出費も抑えつつ、辛い症状を緩和する賢いマタニティライフハック12選をご紹介します。

1. キネシオテープ

関節や筋肉を強力にサポートするキネシオテープは世界中のアスリートに愛されるテーピングテープ。このテープは妊娠中の体もしっかりサポートしてくれます。痛みやストレスを緩和し、血流を促進する効果が期待されます。下腹部を支えるように交差させたり、水平方向に貼ったり、一番効果的だと思う場所を探りながら、何回か貼ってみましょう。産婦人科医に助言を求めても良いでしょう。

pint1

2. 産後用のひんやりパッド

出産予定日が近づいてきたら準備したいのが、産後用の「ひんやりパッド」。作り方は簡単。生理用ナプキンや産褥パッドを、皮膚の炎症を抑えるアロエ水やハマメリス水に浸し冷凍庫へ。出産でダメージを受け熱を帯びた患部を冷やし、痛みを緩和してくれます。

pint1

3. 浮き輪

妊娠中は浮き輪をベッドに浮かべて、寝苦しさを解消しましょう。浮き輪の穴にお腹を入れて横になれば、妊娠中の辛い腰痛も緩和してくれます。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Ange (@spyc_red) am

4. ズボンのボタン

妊娠初期にお気に入りのジーンズがきつくなってきたら、マタニティウェアを買いに行く前まではヘアゴムで対応できます。ズボンのボタンホールにヘアゴムを通し、ボタンに引っ掛けるだけ。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Nina Widharetna (@mrsninawk) am

5. 冷凍ブラ

妊婦さんはホルモンバランスの変化で体が火照ったり、乳腺の発達に伴って胸元に熱を帯びることがあります。特に夏場は辛いですよね。そこで、毎日ブラを冷凍庫に入れておきましょう。ひんやり冷たいブラをつければ、辛い火照りが少しは楽になります。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Jhoana Salazar (@jogem85) am

6. ヨガ

妊娠中はむくみや腰痛、肩こり、足裏やふくらはぎのけいれん、血行不良など様々なトラブルが起こりやすくなります。優しいマタニティヨガは、妊娠中の不快な症状を緩和し、産後の体系や体力の回復も助けてくれます。妊娠中にオススメのポーズ、逆に控えたほうが良いポーズなどはこちらのサイトをご覧ください。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Anka Yoga & Ceremonies (@kundalini_love) am

7. 手作り腹巻

着なくなったキャミソールやTシャツなどで、見えても恥ずかしくない腹巻を作りましょう。ぴったりした服を着てお腹がのぞいても、これなら気にする必要ありませんし、お腹を冷えから守ってくれます。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Torrey Carlson (@bumphacks) am

8. マジックハンド

まさかこんなもの、と思うかもしれませんが妊婦さんの体の負荷をかなり緩和してくれる賢いアイテム。お腹が大きくなると、床に落ちている物を拾うのはとても大変です。マジックハンドがあればラクラク。また、横になっている時も立ち上がらずに床やコーヒーテーブルの上の物を取り上げられる嬉しい道具なのです。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Erin Gallant (@eringallantnow) am

9. ミネラル入りのひとくちアイス

つわりがひどいと何日もまともな食事が摂れないということもあります。そんな時でもバテないためにひとくちサイズのミネラル入りドリンクアイスを作りましょう。WHO世界保健機関が推奨するレシピがこちら:

  • 砂糖 小さじ4
  • 塩 小さじ¾
  • オレンジジュース 1カップ
  • 水 1リットル

pint9

10. 足のむくみ

足がむくんで痛いときは、トニックウォーターに足を浸すと楽になります。トニックウォーターのほんのりとした苦味の成分”キニーネ”には抗炎症効果があり、炭酸成分は血行が足の促進してくれるのです。

pint10

11. バランスボール

骨盤や腰の痛みを楽にしてくれるのはバランスボールでのエクササイズ。ヨガと同じく体幹の筋肉を鍛えてくれるので、腰痛を軽減するだけでなく、出産自体も楽に、また産後の体力回復も助けてくれます。

pint11

12. 胸焼け

妊娠中の不快な症状のひとつが胸焼けです。消化の良いものを食べる他に、アーモンド、牛乳、そしてマスタードが胸焼けを抑えてくれると言われています。マスタードには、胸焼けの元となる胃酸を中和する成分がマスタードには含まれているので、小さじ一杯程度のマスタードを料理に添えてみてもいいかもしれません。

Senf auf einem Löffel vor weißem Hintergrund

出産までの10ヶ月間、これまで経験したことのない体の不快感や普段の生活では考えられない不便さに直面することが多々あるはず。小さな裏ワザですが、知っていればきっと妊娠期間中を少し楽にしてくれるはずです。

コメント

おすすめの記事