世界中が注目する日本人の長寿の理由

世界一の長寿国として知られる日本。世界の平均寿命72歳に対して日本人の平均寿命は83.9才、これまでに世界最高齢を記録したトップの15人のうち日本人は5人で、今年生まれる女の子の赤ちゃんの50%は90才を超えると予測されています。

今「日本人の長寿の理由」を世界中の科学者たちが調査しています。

日本人がこれほど長生きなのは一体なぜ?これまでに明らかにされた6つの理由をご紹介します。

1. 日本人の食生活

ここ数十年で食生活が欧米化しているとはいえ、欧米に比べて食事内容は魚や豆腐、野菜など肉以外のバリエーションが豊富で栄養価に優れコレステロール値が低めです。

2. 和式トイレ

最近はあまり見かけなくなりましたが、欧米では和式トイレこそ人間の自然な排泄スタイルを生かしたデザインであると良さが見直されています。便秘などを緩和し大腸癌予防になるとされています。

3. 小さなお皿で食べる

日本人の食事スタイルは、さまざまなものを小さなお皿に少しずつ盛って食べるため、炭水化物や脂肪分に偏った食事になりにくいのだとか。実際、メタボリックシンドロームなどが問題にはなっているものの、日本人の肥満率は世界的に見てもかなり低いのです。

4. 運動量が多い

ジムに行って体を動かすような運動というよりも、日常生活で歩くなど自然と体を動かす人が多いのも長寿の秘訣なのだそう。また、学校でラジオ体操をするなど小さな頃からの運動習慣も日本人ならではなのだとか。

5. 家族のケア

先進国の中で日本は高齢となった両親と子供が一緒に暮らす割合が高いと言われています。子供や孫と暮らすことで高齢者となっても孤独感にさいなまれず、経済的にも安心して暮らすことができるため長生きしたいという意欲を与えてくれるのです。

6. 国民皆保険

日本では国民の全員が保険に加入することが法律で義務付けられています。誰でも医療を受けやすくなっているので、病気の予防にも役立っています。優れた保険医療制度を持つ国のランキングでは12位です。

当たり前と思っている私たちの生活習慣に長寿の秘密が隠されているとは驚きです!健康に長生きする方法、これからも大切にしていきたいものですね。

コメント

おすすめの記事