ひどい寝汗…もしかしたら病気のサインかも?原因と対策

寝汗とは寝ている間にかく汗のこと。睡眠中に多少の汗をかくのは自然な現象です。でも、大量の汗で頻繁に目が覚めるなど、生活の質に影響がある場合は問題です。 まずは睡眠環境や生活習慣を見直してみましょう。それでも原因が分からなければ、医療機関に相談に行ったほうがいいでしょう。

寝汗は体調のバロメーターとも言われます。寝汗の原因と対処法をご説明しましょう。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Cath Watson (@serialfrenchies) am

1. 生活習慣や睡眠環境を整える

寝汗は睡眠環境や生活習慣と関連しています。寝汗がひどいときは、飲酒、スパイスの効いた食べ物、寝室が暑い、布団が厚すぎるなどの原因がまず考えられます。

寝汗が気になる時の対策:

  1. 寝る前にお酒を控え、辛いものを食べない
  2. 室温は 18 °C程度に
  3. ゆったりした寝間着を着る
  4. 日中、ウォーキングやストレッチなど適度な運動を行う

pajamas

2. 寝汗の影響

寝汗が頻繁に起きると大きなストレスとなります。睡眠の質が低下するだけでなく、極端なケースでは、夜に起きて寝具を変えたり、シャワーを浴びなければならないため、睡眠不足の原因に。睡眠不足は生活の質を悪化させ、健康や美容にも悪影響がでます。安易に考えず、睡眠環境や生活を整えても効果がなければ、医師に相談してください。

Shower Sadness

3. ホルモンバランスの乱れが原因かも

ホルモンの変化も寝汗の原因になります。妊婦や更年期の女性だけではなく。男性もまた、更年期にホルモンバランスの変化を経験するため、寝汗をかきます。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Helen (@helen__putnam) am

4. 心理的な原因も

寝汗の原因は、外部環境の直接的な影響やホルモンバランスの変化だけではありません。ストレスや心配事も寝汗や悪夢の原因になります。対策としては、親しい人と話す、お風呂にゆっくりとつかる、読書やお茶などでリラックスするなども効果が期待できます。特にセージティーがおすすめです。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Home Therapy (@house_on_the_cornerr) am

5. 深刻な病気が潜んでいる可能性も

インフルエンザ、甲状腺機能亢進症、糖尿病、睡眠時無呼吸(睡眠時無呼吸)、心臓の細菌性炎症、がんなどの疾患では症状のひとつとして寝汗が増えることがあります。長期間(3~4週間)寝汗が続く場合や他の症状(痛みや発熱など)を伴う場合は、必ず病院などで診てもらうようにしましょう。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von KatiJohanna/Koulutettu Hieroja (@igkatijohanna) am

健康な人でも一晩にコップ1杯くらいの寝汗をかくといいます。でも、大量の寝汗が長期間続く場合はお医者さん相談しましょう。

コメント

おすすめの記事