血液がサラサラになって健康になる|麦茶の効果に冬でも飲みたくなる

外出先から帰宅して冷蔵庫でキンと冷えた麦茶をごくりと飲む。麦茶と聞くとそんな風景をイメージするのではないでしょうか。 事実、初夏になると麦茶を冷蔵庫に常備する家庭も少なくないはず。

夏の定番飲料と思われていた麦茶ですが、その健康効果から夏に限らず一年を通して飲んだほうがいいことがわかっています。

麦茶はその豊富なミネラルに加えカフェインを含まないことから、暑い夏に汗をかくことで失いがちなミネラルや水分の補給のために飲まれてきました。また原材料である大麦には体を冷やす効果があると言われており、夏の定番となっていました。しかし麦茶にはその他にも驚くべき健康効果があったのです。それは下記のとおり。

大麦

血液をサラサラにし血行をよくしてくれる

麦茶が持つ香ばしい香りの元はアルキルピラジンという成分。このアルキルピラジンという成分にはリラックス効果のほか、血液の流れをよくする働きがあることが研究の結果明らかになっています。また、動脈硬化を引き起こす中性脂肪やコレステロールを下げる働きを持ち、血圧をさげ血栓を作りにくくするギャバという成分も含まれているとのこと。

サラサラ

胃の粘膜を守る

ノンカフェインの麦茶の原料である大麦には胃の粘膜を保護してくれる作用があると言われています。

肌が綺麗になる

麦茶が含むミネラルには亜鉛が含まれており、亜鉛にはシミやソバカスを防ぎ美肌を作る効果があるそうです。

美肌

虫歯予防

バクテリアの定着を予防する作用があり、虫歯菌とも言われるミュータンス菌の菌膜生成を阻害する作用があるとのこと。

虫歯

抗酸化作用

ガンや脳卒中、心筋梗塞などの原因にもなる活性酸素を攻撃する成分が含まれており、生活習慣病などの予防効果も期待できるそう。麦茶に含まれるPクマル酸などが酸化因子のペルオキシナイトライトに対し、高い消去活性があることが研究で判明しました。

夏場の水分とミネラル補給に飲んでいた麦茶。実はこんなにも健康効果があるとは驚きです。冬に飲むなら温かくして飲むのがおすすめとのこと。香ばしい香りでリラックスしながら年末年始で酷使した胃腸を整える、なんていうのもいいかしれませんね。

味に飽きてしまう方という方は、濃い目に出した麦茶と牛乳を1:1で割った麦茶オレなら、味に変化をつけることができ、かつコーヒーの代わりになるかもしれません。気になる方はぜひ試してみてくださいね。

※麦茶には体を冷やす効果があるため、冷え性の人が飲みすぎるとかえって冷えすぎてしまうことがあるため注意が必要です。その場合は常温や温かくして飲むことで冷えを防ぐようにしてください。

コメント

おすすめの記事