更年期に向けて 40代からの生理の悩み

女性の多くには、初潮から約40年間、ほぼ毎月定期的に生理にがきます。そして、50代に入るころから閉経し、生理はこなくなります。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Małgorzata Baraś (@malgorzatabaras) am

閉経前後の更年期には、思春期と同じく体内で大きな変化が起きますが、プロセス自体はゆっくりと進みます。更年期に向けたホルモンの変化は40歳ごろから始まっており、徐々に進んでいきます。そのため、筋肉痛や不眠症などの身体的な症状に加えて、月1回の出血にも変化がみられます。

この記事では、40代でよくみられる生理の変化をご紹介します。ただし、すべての女性に同じように症状があらわれるということではありません。身体の状態、生活環境、周期にはそれぞれ個人差があります。

pin1

1. 周期が短くなる

当然のことですが、体内のホルモンの変化に対する反応は人によって異なります。しかし、40歳以上の女性の多くが、月に一度よりも高頻度で出血があると報告しています。生理が頻繁にくるようになるのは、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモン濃度が波状に増減する周期が短くなるためだと言われています。

予期せぬ時期に生理が始まる場合があるので、タンポンやナプキン、月経カップなどを常に携帯しましょう。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Cwtch Crochet /Cwtch Patchwork (@joanna_philippart) am

2. PMSによる気分障害が悪化する

ホルモン変化は出血だけでなく、その前に起こる月経前症候群(PMS)にも影響を及ぼします。PMSに苦しむ女性は、感情的な変動や身体的な徴候を以前よりもさらに強く自覚します。ホルモンの変動により強い抑うつ気分を経験することもあります。

悲しい気分がずっと続く、あるいは悲しくて耐えられないと感じたら、すぐに医師の診察を受けましょう。トークセラピーを利用するか、重症の場合は抗うつ薬を服用することで、症状を緩和できます。また、信頼できる人に常に連絡をとってください。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von acnestudio (@the_acnestudio) am

3. にきびができる

人によっては、40代で第二次思春期のような時期を迎えます。この時期は、ホルモンが成熟する時期と同じく、ホルモンバランスが通常と違う状態にあるため、ほてりや発汗などの症状に加えて、にきびが増えることがよくあります。

婦人科医または皮膚科医に相談すれば、どのケア製品が適しているかアドバイスしてくれるでしょう。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein von @madison.m.fitness geteilter Beitrag am

4. 妊娠したくないなら、避妊は必要です

この時期は、体内のホルモンバランスの不均衡により、生理不順になることがよくあります。しかし、生理不順であっても、生理があるなら先行して排卵があったということ。つまり、不定期に妊娠する可能性があるということです。そして、この年齢での妊娠は、遺伝的的リスクや流産のリスクが高くなることがわかっています。妊娠したくない場合は、避妊する必要があります。

pregnancy test 1

5. 生理周期がとびとびになる

この時期に生理が数ヶ月こなくなった場合、2つの理由が考えられます。ひとつは妊娠、もうひとつは卵子が十分に成熟せず、排卵が起こらなかった場合です。後者は更年期に向けて身体が変化しているものの、まだ卵子を産生しているというサインです。1年間、完全に生理がこなくなるまで閉経とはみなされません。妊娠が疑われる場合は、検査を行う必要があります。生理不順で不安な場合は、婦人科医に相談しましょう。

frida and the tampons

6. 出血がひどくなる

前月に子宮内膜が剥がれなかった場合、つまり出血がなかった場合、翌月に影響する可能性があります。この場合、出血量が増えたり、長く続くことがあります。血液と分泌物の色も日によって異なります。暗い茶色がかった血液は、前月の血液が排泄されたもの。明るい鮮血は今月のものです。

出血量が多くなったり、期間が長くなっても、パニックにならないで大丈夫。更年期には、こうした変動が何度も起きる可能性があります。ただし、出血が多く、1週間以上止まらない場合は、医師に相談してください。

更年期に生理不順が起きるのは正常なので、それほど心配する必要はありません。ですが、身体の変化を観察し、必要があれば医師に相談することは大切です。

プレビュー画像:©︎Pinterest/health.com

出典

health,

focus arztsuche

プレビュー画像:©︎Pinterest/health.com

コメント

おすすめの記事