これってダメなの?健康志向の落とし穴

誰もが健康に気をつけているこの時代、巷には様々な健康情報があふれており、健康になるためにストイックに食事制限する人もいます。 でも、どれだけ健康に良いと言われている方法や食品も万能ではありません。この記事では、健康志向な人が陥りやすい落とし穴についてご紹介します。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von blog by Samia (@anotso_snoopyblogger) am

1. 腰痛に過度の安静は逆効果

ぎっくり腰など急性の腰痛では、どうしても動くことができないため、安静にして自分の体を大切にする以外にありません。でも痛みが治まったら、安静にしているよりも、散歩したり、自転車に乗るなど日常生活を普通に送るほうがいいようです。動くことで筋肉に血液が供給されやすくなり、緊張がほぐれてきます。逆に、痛みを恐れて腰をかばう姿勢をとっていると、かえって筋肉が硬直して、症状を長引かせることが多いのです。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Aidan Kaye, D.C. L.Ac (@yangshengwellness) am

2. 健康のいいレモン水、でも歯磨き前に飲むのはNG

レモン水は、美容や健康にもよく、すっきり目覚める効果があると話題です。また、脂肪燃焼を促し、食欲を抑制するためダイエットにも効果的で、糖尿病予防にもなります。ただし、レモンは歯のエナメル質を溶かす酸を含んでいます。レモン水を飲んだ直後に歯磨きをすると、柔らくなったエナメル質が歯ブラシで取れてしまう危険があります。歯を守るためには、歯磨きしてからレモン水を飲むか、レモン水を飲んで口をゆすいで2時間程度待ってから歯磨きするべきです。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Joan Kelley Walker (@joankelleywalkerofficial) am

3. ベジタリアン生活は栄養バランスに注意して

肉を食べないことには健康上の利点がありますが、それは栄養バランスの取れた食事をした場合に限られます。単に肉や魚を抜いただけでは健康を維持するのは難しいのです。特に加工食品や菓子類を主に食べてベジタリアン生活を送っていると、良心の呵責は感じないかもしれませんが、栄養失調や体重過多に陥るのは時間の問題かもしれません。

Vegan Dinner

4. ビタミンCに風邪予防効果はない

風邪予防にビタミンCのサプリを摂取している人は多いでしょう。でも、ビタミンCは風邪の予防には効果がないという研究結果がでています。ただし、風邪をひいてしまったら治療にはプラスの効果があるようです。

注:ビタミンCの過剰摂取により消化器不良や腎障害が起こることがあります。腎臓に問題のある人は特に注意してください。

Effervescent Vitamin C

5. 消毒や殺菌は良い菌まで殺してしまう

感染症が流行ると、多くの人々が消毒剤を買いに走ります。でも消毒剤の利点については議論があります。普通に石鹸で手洗いをしても90%程度の菌は死滅するのです。一方、消毒剤は皮膚に常在する良い菌まで殺してしまい、免疫力がかえって弱くなってしまいます。消毒剤や殺菌剤は病院などの医療機関では有効ですが、自宅で頻繁に使うのは要注意です。

Purell Hand Sanitizer

6. フルーツの食べ過ぎに注意

チョコレートなどのお菓子に比べると、フルーツはもちろんヘルシーなおやつです。でも、糖質がかなり含まれるため、食べ過ぎは禁物です。フルーツよりも食物繊維が多く、カロリーが低い人参などの野菜もおいしいおやつになりますよ。

Fruit Snacks

健康にいいと思っていることにも落とし穴が隠れているのですね。いくら健康に良いからと言ってストイックになりすぎず、色々なものをおいしく、適量に楽しむことが大事なのでしょう。

コメント

おすすめの記事