大好きな人とカラダを重ねる行為は健康維持に欠かせない

世界で最も美しく、楽しく、気持ちよい娯楽。それを「セックス」という人も少なくはないと思います。 そうは思わない人もいるでしょう。しかし、注目してもらいたい情報があります。定期的なセックスや性行為を維持することの重要性と、その効用についてです。

子孫を残すための行為としてだけでなく、セックスがもたらす健康効果について考えたことはありますか?今回は、セックスライフを無視してはいけない8つの理由を紹介します。

Ohne Titel

セックスをやめたり禁欲期間が続くと体にこんな変化が起こるかもしれません。

1. 病気になりやすくなる

長い間、禁欲生活を続けていると体の免疫力が低下することが研究によって報告されています。免疫が下がれば風邪を引きやすくなり、インフルエンザなどのウイルスにも感染しやすくなります。セックスのない期間が続く場合は食生活に気をつけるようにし、ハーブティーなどで免疫力アップをはかりましょう。

2. ストレスレベルが上昇する

セックスにはストレス解消の効果もあります。充実したセックスを定期的にしていれば、ストレスホルモンの分泌が抑制され、リラックスした気分がより持続するようになるそうです。つまりセックスが脳をストレスから守ってくれるということです。性欲を我慢するのはNG!カチカチ動く時限爆弾のような精神状態は、自分にも周りにも悪影響を及ぼします。

3. 性的興奮・快感を感じなくなる

セックスの回数が減って禁欲期間が長くなると、男性の場合は勃起力が低下します。女性の場合も性感度が下がることでオーガズムに達しにくくなり、これは同時に精子を子宮に取り込む力が落ちてしまうことを意味しています。

4. 夢に出てくる

セックスをしない期間が続くと、多くの人は夢を見ます。それは誰かとセックスする夢やオーガズムを迎える夢かもしれません。こういう夢は、体や心からのメッセージだと捉えると良いでしょう。

5. 性欲が低下

セックスのない生活を続けていれば、体もそれに慣れてしまうでしょう。禁欲期間が長く続けば性欲に影響を及ぼすホルモンの分泌量は減り、性欲にも変化が起こるのです。セックスへの興味が薄れ、興味がなくなり、行為自体を忌み嫌うようになる人もいます。

6. パートナーとの距離が広がる

パートナーとのセックスの回数が減ると、その分相手に対して不安な気持ちを抱いてしまったり、関係が不安定になってしまうことがあります。そして、パートナーではない他の人に魅力を感じてしまったりすることも...。

7. 自尊心が低下

自尊心は自分自身の感覚の問題ですが、(特に好きな人との)セックスには自尊心を高めてくれる効果があるようです。また、セックスには抗うつ効果や頭痛緩和効果、あることも脳科学の研究から明らかになっています。

8. ガンのリスクが上昇

男性の場合、禁欲期間が長く続いていると前立腺がんのリスクが高くなることいわれています。女性の場合も、定期的なセックスの維持は乳がんリスクの軽減に効果があるという研究結果も発表されています。

どうでしょう?モチベーションは高まってきましたか?セックスをする時間がないなんて言わず、性欲を無視しないでください。定期的なセックス・性行為から得られる健康効果を過小評価してはいきません。人間は、セックスを通してより幸せを感じ、健康になるようにできているのです。

プレビュー画像: / © flickr/ diadà

出典

プレビュー画像: / © flickr/ diadà

コメント

おすすめの記事