【部位別にセルフチェック】かゆみの対処方法

かゆいのは本当に不快ですが、かゆみを経験したことのない人はいないでしょう。でも、かゆみを単なる肌トラブルと考えるのは早計。 アレルギー、感染症、内臓疾患など体の異常を知らせるセンサーの役割として痒みが生じている場合もあるのです。この記事では、かゆみの現れる部位別に原因と対策をご説明します。

Disgusting Eyelid Update

1. まぶた

まぶたのかゆみや腫れは、乾燥する季節であれば肌が乾燥しているだけかもしれませんが、様々な皮膚の病気(神経皮膚炎、酒さ)や接触アレルギー (メイク)による炎症が原因で生じることもあります。

まぶたの皮膚は薄く、刺激を受けやすいので、かゆいからといってこすらないように。原因となっているのがメイクならメイクは一旦中止し、乾燥が気になる季節は保湿ケアを丁寧に行いましょう。

2. 足の裏

足の裏のかゆみがひどい場合は、必ず病院にいき、水虫かどうかを確認してもらいましょう。水虫は処方された治療薬を続けて使えば治療が可能です。その他の原因としては、乾燥や汗によるかゆみが考えられます。

An itch

3.口の上の部分(口蓋)

口の中の上の部分がかゆいなら、花粉症の症状かもしれません。

4. 唇

唇がかゆい原因の多くは乾燥なので、リップを頻繁に塗って保湿しましょう。ただし、口唇ヘルペスになりかけの時期にもかゆみを伴う場合があります。口唇ヘルペスは早期に対処すれば治りやすいので、口唇ヘルペスになりやすい人は、痒みが出た時点で患部に触れないように注意して受診しましょう。

Juckende Lippen Lippenherpes

5. 陰茎

陰茎のかゆみは、真菌感染症や細菌感染症が原因で起こることがあり、原因に応じて抗真菌薬や抗生物質で治療する必要があります。性病の可能性もあるので、躊躇せず、なるべく早く受診しましょう。感染症や性病がかゆみの原因になっている場合はコンドームで自分とセックスパートナーを守るのを忘れずに。

6. 肛門

肛門のかゆみはかぶれや痔核が原因であることがよくあります。その他の原因としては、真菌感染症、寄生虫、性感染症などがあります。いずれにしても、市販薬で治らない場合は受診して原因を調べてもらいましょう。

7. 膣

腟のかゆみの原因としては、真菌性疾患が最も多く、次に多いのが性感染症です。どちらの場合も、必ず婦人科医に相談し、適切な治療を行いましょう。

Juckreiz Intimbereich

8. 頭皮

子どもが頭をかゆがっていると「シラミ」を疑うことが多いのですが、乾癬にかかっている場合や、単に皮膚がひどく乾燥している場合もあります。頭皮は敏感なので傷つけないためにも、すぐに原因を調べて、対処した方がいいでしょう。

Head Scratcher

9. 指の間

指の間の皮膚のかゆみは、接触アレルギー(指輪やスキンケア製品)に関係している可能性があります。また、汗が原因で発症する汗疱(かんぽう)という病気である場合があります。汗疱は、指の間や手のひら、足の裏に小さな(1〜2mm)水疱ができる慢性の皮膚炎です。

10. へそ

へそのかゆみは、汚れや汗、糸くずなどが原因であることがほとんどです。掃除して、老廃物を取り除きましょう。汚れを放置すると、最悪の場合、真菌感染症を起こし、臭い液体が出たりすることがあります。その場合は迷わず病院に行きましょう。

Edited Belly Button

かゆいときには直感的に掻きたくなるものです。でも、掻きすぎると皮膚を傷つけたり、トラブルが広がったり、悪循環に陥ってしまうので、できるだけ掻くのは控え、原因を特定しましょう。ひどい痒みや慢性のかゆみは、原因を探るためにも、皮膚トラブルの悪化を防ぐためにも、早めの受診をお勧めします。

プレビュー画像: © Flickr/Matt Baume © Flickr/abriz44

出典

gesund,

プレビュー画像: © Flickr/Matt Baume © Flickr/abriz44

コメント

おすすめの記事