【最新科学】昼寝を効果的に活用する方法4つ

昼寝をするのは怠け者の証拠でしょうか?ナポレオンやアインシュタインも活用していたと言われる昼寝。昼寝は眠気を覚まし、仕事の集中力を上げ、疲労回復や事故防止にもつながります。しかし多くの人はその方法を間違っています。最新の科学によって明らかになった、効果的な昼寝をご紹介します。

1. 理想的なタイミング

午後1時〜3時 エネルギーレベルが低下する昼食後の時間が理想的です。

2. 最適な昼寝の長さ

10〜20分 眠気覚ましと注意力の回復

60分 記憶力や情報処理能力などの認知能力を高める

90分 脳も体もしっかり休息できる睡眠サイクルのちょうど1回分。

昼寝のタイミングや昼寝時間の長さに注意しましょう。うまく覚醒できない「睡眠慣性」という状態に陥ってしまうと夜間の睡眠に影響が及ぶこともあります。

3. 適した環境

好ましいのは静かで暗い場所です。室温は15〜22℃が適温です。耳栓などの騒音対策も効果的です。

4. コーヒー

短時間の昼寝前にはコーヒーがおすすめです。コーヒーを飲んだ後、カフェインが約20分後に効いてくるので短時間の昼寝からスッキリ目覚めることができます。

昼寝をするのにコーヒーを飲むなんて驚きですね!?でも仕組みを聞くと納得。これで午後の生産性を高めましょう。

コメント

おすすめの記事