フルーテリアン食生活で人生が変わったカップル

5年前ティナ・ストクロサがダイエットを開始したとき、まさかこのダイエットが人生を変えることになるとは思いもしませんでした。

Instagram/fit_shortie_eats

5年前のクリスマス、ポーランド在住のティナはダイエットをしようと決心。クリスマス中に食べ過ぎて増えた体重を戻そうと、インターネットで良さそうなダイエットはないか検索していました。「大人になってからはずっと太っていました。急激なダイエットで痩せてはリバウンドで元以上に太り、自己嫌悪に陥るというサイクルの繰り返しでした」現在39歳のティナは言います。

Instagramでダイエットについて調べていると、加熱しない野菜やフルーツだけを食べるフルータリアン(果実食主義)の食生活に出会います。「フルータリアンはみんなすごく健康そうで若々しかったので、私もやってみようと思ったのです」とティナ。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Rare Fruit Hunters (@fit_shortie_eats) am

最初は減量を目的に始めたフルーテリアン生活でしたが、ティナはもう元の生活には戻れないと思うほどのめり込んでいきます。でもポーランドに暮らしている限り、自然の中で育った栄養たっぷりの果物や野菜を年中手に入れることは難しく、真冬の寒さの中でも調理されていないものを食べ続けるのは現実的ではありませんでした。

そこでティナは一大決心をします。インドネシアのバリ島に移住してしまったのです。南国のバリ島で野菜やフルーツに困ることはありません。完全なフルーテリアンとなったティナは、一気に体重を落としていきます。体重は5年前から35kgも減っています。ちなみにフルーテリアンの食生活では、「地面に落ちた果実のみを食べるという」というのが理想的な食事方法。動物性食品はもちろん、土地を耕して収穫するようなや野菜や果物は食べません。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Rare Fruit Hunters (@fit_shortie_eats) am

フルーテリアンになったことで生活スタイルも根本的に変わったティナが感じる変化は、体だけに留まらないそうです。「この食生活の良い点はたくさんあります。体重が落ちるということに加え、よく眠れるようになり、日中は活力でみなぎります。毎日若返っている感じなのです。それに、私はこの2年間歯を磨いていません。果実は繊維豊富なので、食事するたびに自然に歯垢が取れているのです」

科学的に証明されていないものの、フルーテリアン生活は精神面にも良い影響を与えているとティナは言います。たった1人で生活スタイルを大きく変化させるのは難しいことですが、ティナはインターネットを通して世界中のフルーテリアンたちとつながって知識を交換し合っているそうです。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Rare Fruit Hunters (@fit_shortie_eats) am

ベルギー人のシモンも最初は体質改善しようとフルーテリアン生活に関心を持ったひとりでした。Instagramでティナを見つけ連絡を取り始めます。そしてティナに会いにバリ島を訪れたシモンは、ティナと恋に落ちます。それから3年が経ちましたが、2人は現在もバリ島で暮らし、決してヨーロッパでは見ることのないような新鮮で珍しい果物を食べ続けています。

Instagramを通して2人の生活の様子を投稿しているティナとシモン。「まずは朝ごはんを完全に果物だけにするところから始めてみてはどうでしょう。そのスタイルが体に合っていると感じたら、自然と昼食もフルーツに切り替えたくなっているはずです」とティナ。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Rare Fruit Hunters (@fit_shortie_eats) am

自分の好きなもの、やりたいことを素直に実行してきたティナ。バリ島へ移住したティナに待っていたのは、同じライフスタイルを共有したいと思える人との生活でした。フルーテリアンは誰でもできるものではありませんし、合わない体質の人もいます。でも自分にぴったりのライフスタイルを見つけ、実行できるなんて素敵ですね。

出典

dailymail

コメント

おすすめの記事