下半身の血流改善で体を健康に|ふくらはぎマッサージがおすすめ

体の中で第二の心臓と言われるふくらはぎ。重力により、下半身には血液の70%が集まっており、ふくらはぎがそれらの血液を心臓に戻すポンプの役割をしていると言われています。

心臓から最も離れている足の血液を重力に逆らい再び心臓に戻すには、ふくらはぎの筋肉がしっかりし収縮し、力強いポンプの役割を果たさなければなりません。しかし、ふくらはぎは重力の影響を受け血液の巡りが悪くなると冷えやすいという特徴を持っています。ふくらはぎに触れた時、冷たくなっていたり硬くなっていませんか?

ふくらはぎが冷えて筋肉が硬くなってしまうと、ポンプの働きが弱まり血流を滞らせてしまう原因に。また、ふくらはぎは血流だけではなくリンパ液を体に巡らせるポンプとしても機能しているため、老廃物を運ぶ役割のあるリンパ液の流れが滞ってしまうと、体のむくみにもつながってしまうのです。そのため、ふくらはぎをマッサージすれば、体の血流が飛躍的によくなり、むくみ防止や体の不調改善につながると言われています。

そこで今回は、体の不調改善につながるマッサージの効果と方法をご紹介します。普段からふくらはぎの状態を良くしておくことで不調改善や健康維持に役立てることができます。

まずはふくらはぎの状態を確認します。理想とされるふくらはぎは以下の状態。

<理想とされるふくらはぎの状態>

  • 適度に体温が感じられる
  • 軟らかくて弾力がある
  • 皮膚にハリがあり、押さえて気持ちがいい
  • コリコリした塊がなく、中まで軟らかい
  • 押した指を離すと同時に、元の状態に戻る

ふくらはぎの状態は、全身の健康と相関関係があると言われています。体に不調がある時のふくらはぎは、パンパンに硬かったり、内部に芯のようなしこりがあったり、ひんやりとして冷たかったり、あるいは軟らかすぎて弾力がなくなっているなど、大きな違いが。以下は注意したいと言われるふくらはぎの状態です。

  • 熱くて硬い…高血圧
  • 熱くて硬くない…風邪、急性炎症
  • 冷たくて硬い…冷え性、婦人病、自律神経失調症
  • 冷えて軟らかい…糖尿病
  • 冷たくて軟らかく弾力がない…腎臓病

日々のデスクワークに立ち仕事、また運動不足なども相まって、硬いと言う方が多いのではないでしょうか。

<ふくらはぎマッサージの効果>

  • 心臓、腎臓の負担が軽くなり、血圧が安定する
  • 酸素や栄養が全身に行きわたるため、効率よく老廃物を排出でき便秘やむくみが改善される
  • 血流が促進され基礎代謝が高まり、冷え性改善や余分な体脂肪が落ちる
  • 免疫力が上がるため、病気にかかりにくくなるほか、アトピーや花粉症などと言った症状が軽減する
  • 自律神経のバランスが整い、不眠やうつが改善
  • 細胞が活性化され、アンチエイジングや認知症の予防にも

<ふくらはぎマッサージの方法>

◾️ ふくらはぎの内側
1. 右足裏を左ひざ側面に引き寄せて、ふくらはぎの内側を上に向けます。
2. 両親指の腹を重ねて、内くるぶしの骨の際に当てます。
3. ふくらはぎの内側の骨のふちに沿って、ひざの裏までゆっくりと押し上げていきます。
4. ひざの裏まで押したら、内くるぶしの骨の際に戻り、繰り返します。
5. 左足も1~4を同様にしてマッサージします。

◾️ ふくらはぎの中央
1. 右ひざを立てて両手でふくらはぎの下の方足首付近をつかむようにして両親指の腹を重ねます。
2. アキレスけんからひざの裏に向かって、両手で押し上げていきます。
3. ひざの裏まで押し上げたら、足首まで戻し、繰り返し行います。
4. 左足も1~3を同様にしてマッサージします。

◾️ ふくらはぎの外側
1. 右向きに横座りして右足を床につけます。
2. 両親指の腹を重ねて、外くるぶしの骨の際におきます。
3. ふくらはぎの外側の骨のふちに沿って、ひざの裏までゆっくりと押し上げていきます。
4. ひざの裏まで押し上げたら、外くるぶしの骨の際まで戻し、繰り返し行います。
5. 左足も1~4を同様にしてマッサージします。

注意:ケガをしている方、重症の静脈瘤や腹部大動脈瘤がある方、また妊娠中の方などは、ふくらはぎのマッサージは避けるようにしてください。

マッサージは、1日2回、朝と夜にできれば毎日行うようにしてください。時間がない時は足をさするだけでもOKです。ふくらはぎマッサージは体内の健康だけでなく、血流が良くなることで、むくみが取れ膝下をスッキリさせる脚痩せ効果もあります。毎日の習慣にしていきたいですね。

 

プレビュー画像:©︎Facebook/ランプロ部(コニカミノルタ ランニングプロジェクト)

コメント

おすすめの記事