1日3粒|ドライイチジクを食べるといい理由

不老不死の果実、または禁断の果実とも呼ばれるイチジク。果物の中でも歴史が古く、紀元前2000年以上も前から栽培されていたと言われています。また、イチジクは実がたくさんなることから、多産・繁殖のシンボルとして知恵の木の実とも呼ばれ、世界中で栽培されています。

イチジク

江戸時代に日本に伝わったとされるイチジクは、主に生で食べることが多くその瑞々しさと自然な優しい甘みを楽しむことができます。しかし海外では、乾燥させて食べる方法が主流とのこと。

ドライイチジク

今回は、イチジクを干して作ったドライイチジクのすごい効果を紹介します。その健康効果には、イチジクが不老不死の果実と呼ばれる所以がありました。

<ドライイチジクの健康効果>

●便秘改善

ドライイチジクは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を持ち合わせており、これら2つを持ち合わせていることから、どんな種類の便秘にも効果があるといわれています。
水溶性食物繊維に含まれるペクチンという成分にはさらにすごい効果が。ペクチンは、体内で水分を含むことで粘着性のある物質に変化し、糖質の吸収速度をゆるやかにする働きをもっています。また食後の急激な血糖値の上昇を抑え、血液中にあるコレステロールを減少させる効果も。
そして、もう一つの不溶性食物繊維は、腸内で便のカサを増やし排出を促す働きを持っています。さらに、腸内の有害な物質なども吸着し一緒に便と排出させる効果も。便秘が解消されるだけでなく、デトックス効果も期待することができます。このように2種類の食物繊維を併せ持つドライイチジクは腸内環境を整える大きな役割を果たしてくれるのです。

デトックス

●二日酔い防止や消化促進

イチジクの実や枝を切ると、白い液体が出てきます。これは、フィシンと呼ばれるもので、タンパク質分解酵素の一つ。このフィシンには消化を促進する働きがあり、ドライイチジクを食後に食べることで食べ過ぎによる胃もたれや、またお酒を飲んだ際には二日酔いの予防にも効果が期待できると言われています。さらに、胃を丈夫にする働きもあるので、胃炎からくる口の周りの吹き出物対策もできるそう。

●女性ホルモンを整える

ドライイチジクのプチプチとした種には、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きをする成分が豊富に含まれています。そのため、女性特有の悩みの改善にも効果があると言われています。エストロゲンは女性のホルモンバランスを整える働きをするため、生理痛や生理不順はもちろんのこと、更年期障害や肌のトラブルなどにも良いとされています。

生理痛

●抗がん作用

いちじくの果汁から抽出できるベストアルデヒドという成分。この成分には抗がん作用があるとされ、現在も研究されています。まだ研究段階ですが、がん細胞を麻痺させることで抑制する抗ガン作用があると言われています。

腸内環境を整えるだけでなく、体に嬉しい健康効果を持つドライイチジク。食べるベストタイミングは食後がいいと言われています。

ビン

ドライイチジクにはフィシンや食物繊維など、消化を助ける成分がたくさん含まれています。食後に食べることで、脂質や糖質の吸収を抑えることができます。便秘がちでぽっこりお腹が気になる方であれば、習慣化することでぽっこりお腹の解消にもなります。また、体重が気になる、血糖値が気になる…などといった方にもおすすめです。

体重計

気になる摂取量は1日に3〜4粒(1個あたりは7gで約20キロカロリーの場合)ほどが目安。生の果物と比べてドライフルーツはカロリーが高めと言われ、イチジクも同様です。食べ過ぎには要注意です。便秘などの悩みのある方は、朝食後3粒ほど食べるとその効果が期待できます。(イチジクの大きさなどによってカロリーが異なるため、購入した場合は栄養成分標示を確認するようにしてください)

食べることで体にメリットがたくさんあるドライイチジク。もし市販のもので糖分や添加物が気になる場合は、簡単に自宅で作ることもできます。

<ドライイチジクの作り方>
1.よく熟れたイチジクを洗って水分をしっかり拭き取ったら、先端のとんがり部分を切り落とし、適当な大きさにカットします。
2-1. 天日干しする場合:ザルなどに皮を下にして重ならないように並べて、4~5日天日干しすれば出来上がります。
※虫が入らないように注意してください。雨の日は、いちじくにカビが生えてしまう可能性があるので室内で保管してください。

2-2. オーブンを使う場合:鉄板にクッキングシートをひき、重ならないように並べて、いちじくの実が大きいものは140度、小さいものは130度で90分オーブンにかけます。

栄養価が高いため、体に色々な嬉しい効果をもたらしてくれるドライイチジク。おやつ代わりに、毎日少し食べることで体を内側から整えていくことができそうですね。

プレビュー画像:©︎Facebook/ミナクルファーム,©︎Facebook/小西尚子

コメント

おすすめの記事