不眠症対策:リラックスできる4-7-8呼吸法

長い1日を終えて疲れ果ててベッドに倒れこんだはずなのに、寝付けずなんども寝返りを打った経験は誰にでもあるはず。 温めた牛乳に蜂蜜を混ぜて飲むと良いとか、羊を数えると良いとか、眠りにつくための民間伝承はいろいろありますが、確実というものはなかなかありません。

でもある呼吸法を身につければ、1分ほどで安眠を手に入れることができるのです。ただ、この呼吸法は眠れない時だけに実践すれば良いというものではなく、毎朝目覚めた直後と寝る前に行って習慣づけることで最大の効果を発揮します。

アメリカ・アリゾナ州立大学のアンドルー・ワイル博士が提唱する「4-7-8呼吸法」と呼ばれる瞑想呼吸方法は、眠りの悩みを解決するだけでなく、パニック障害や高血圧で非常に強いストレスを感じる時にも有効です。

0. 息を吐く

息を深く吸うためには、まず息を出し切らなければなりません。姿勢はできれば楽な姿勢で背筋を伸ばして床に座るのが理想的ですが、仰向けでも構いません。舌の先端を前歯の付け根に触れるように軽くカールさせます。そして息を出し切ります。息はを舌の周りを通って口から出ていきます。

Sleep

1. 息を吸う

口を閉じて、静かに鼻から息を吸います。心の中で数える4秒間のうちに息を吸います。

Afterparty

2. 息を止める

7秒間息を止めます。

Woman sleeping

3. 息を吐く

1番のように再び舌の先端を前歯の付け根に触れるようにカールさせ、8秒間で口から息を吐き切ります。シューッという音がすると正しく息を吐いている証拠です。息を吸う2倍の時間でゆっくり息を吐き切ります。

1〜3までが1つのサイクルで、1回と数えます。この呼吸法により酸素が肺一杯に吸入され全身にくまなく酸素が行き渡るので、体がリラックスするのです。

Ella y El Mar, Miami Beach

ワイル博士によると、この4-7-8呼吸法を朝夕4回ずつ2ヶ月間続けると、眠れない時この呼吸法を実践した場合1分以内に眠りに落ちるのだとか。お金は一切かからず、体も心もリラックすることは間違いなさそう。ぜひ試してみてください!

出典

n24

コメント

おすすめの記事