動画|トイレの座り方が健康に与える影響

どんな人でもみんなしていること、そう、人は必ずトイレに行きます。小さな頃にトイレの仕方を教えてもらいますが、物心ついてからはトイレの中のことを人と喋ることは皆無と言っていいのではないでしょうか。でも、ほとんどの人がトイレの仕方を間違えているのです。しかも間違った便座の座り方が便秘や痔、さらにはガンを引き起こす可能性も…。今回は、誰も教えてくれない便座の正しい座り方をご紹介します。

こんな感じで便座に座っていませんか?↓

もしくはこんな感じ?

ほとんどの人が上の2タイプのどちらかの座り方をしていると思いますが、どちらも間違った座り方。いずれも腰の角度が90°前後になっており、この状態だと直腸の上部がよじれてしまいます。長年この状態のまま排便を続けていると、深刻な問題を招きかねません。

最悪の場合、便秘や過敏性腸症候群、痔や結腸ガンの原因となることも。

では体に優しい姿勢とはどんなものでしょう?実は、古き良き和式スタイルこそ、排便の理想の姿勢なのです。腰の角度が35°のしゃがみこみ姿勢は自然な排泄の姿勢です。

人間の体にとってもっとも不可のない排泄の姿勢は直腸を締め付けないので、スルッと出てくるはず。

でもほとんどの家庭で洋式トイレが普及している今、便座にしゃがみ込むのは至難の技。そこで、トイレの前に踏み台を置いてみましょう。こうするとしゃがみ込むスタイルに近い姿勢で用を足すことができます。

踏み台を置けば、和式にしゃがみ込むよりも足への負荷は少なく、洋式に座るよりも直腸を傷めない最善のトイレ方法かもしれませんね。便秘気味の人もそうでない人も、病気になる前に試してみてください!

コメント

おすすめの記事