バナナを食べると体に起こる健康効果

日本で一番たくさん食べられているフルーツ、バナナ。人気の裏には様々な理由が隠れていそうです。バナナの健康に与える効果をまとめてみました。

なんと2本のバナナを食べると90分の運動に必要なカロリーを摂取することができます。日中エネルギー切れを感じたら携帯性優れるバナナをササッと2本食べてエネルギー補給。元気を取り戻しましょう!

それ以外にもバナナはダイエット中の強い味方にもなります。バナナには1本あたり約3グラムの食物繊維が含まれているので、腸内の善玉菌を増やしてコレステロールや血糖値を下げる効果も期待されます。

バナナには健康を維持するうえで欠かせないカリウムが沢山含まれています。この重要な要素は血液の循環を助け、脳卒中の予防に役立ち、筋肉のけいれんを防ぐ役割があるといわれています。筋肉が攣りやすい人はバナナの定期的に食べると良いかもしれません。

バナナは脂肪分もコレステロールも低い食品です。脂肪は100グラム中たったの0.3グラム、コレステロールはまったく含まれていません。コレステロールと脂肪を制限しないといけない人は罪悪感無くかぶりつけます。

バナナにはトリプトファンと呼ばれるアミノ酸の一種が含まれています。これは幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの材料を作る素になるので、気分の落ち込みを解消する効果があります。

バナナのありがたみを再確認できましたか?今まで以上にバナナを楽しんで食べてください!

コメント

おすすめの記事