まぁ知ってはいたけれど…フライドポテトを1度に食べる量は6本以内に抑えた方が良い。

フライドポテトを健康に良い食べ物だと思っている人はいないでしょうが、ハンバーガーと一緒についてくるポテトは美味しくてついつい頬張ってしまいますよね。 人によっては、「大丈夫、ポテトは野菜だから。健康的」と異次元発言を繰り出す人もいますね。しかしそんな私たちポテトファンにとって絶望的なニュースが飛び込んできた模様です。


ニューヨークタイムズに掲載されたその記事に、世界中の人々がざわめいています。ハーバード大学のエリック・リム教授は、フライドポテトのことを「でんぷん爆弾」と形容します。悲しいかな、教授によるとジャガイモは野菜の中でも健康度は最低クラス。それをさらに(栄養の含まれている)皮をむいて、油で揚げて大量の塩をまぶす事など、愚の骨頂だと言います。

The American Journal of Clinical Nutritionに掲載された研究によると、フライドポテトを週に2~3回食べた人は、揚げずに調理したジャガイモを食べた人より死亡率が高かったと言います。

1

また、例を挙げると、マクドナルドのポテトのLサイズのカロリーは、510kcalで、これはビッグマックの540kcalに匹敵します。農務省は、1度に提供するポテトの量は140kcalに匹敵する12~15本にすることを推奨していますが、リム教授は、それでもまだ不健康だと言います。

「注文したポテトの75%は残しましょう。6本のポテトだけで十分です」

教授のこのでんぷん爆弾宣言に、フライドポテトが大好きなアメリカ人たちから悲しみのツイートが溢れました。

「ハーバードの教授が推奨するフライドポテトの量は…6本。6本よ?!」

「推奨される6本のフライドポテトって、俺がいつも一口で食べる量だな」

「6本以上食べてリスクを取れ、と専門家」

友達「ハーバードの教授が一度に食べていいポテトの量は6

私「

「フライドポテトが私を殺すまで、私は6本以上のポテトを食べ続けると誓います」

いかがでしたか?ちなみにフライドポテトという言葉は実は日本でしか通じず、イギリスではチップス、アメリカやカナダではフレンチフライズと言います。海外でフライドポテトを注文するときは注意してくださいね。しかしこの記事を読んだ今も皆さんはフライドポテトを食べたいと思いますか?

コメント

おすすめの記事