タオルを使って首の痛みを速攻で直す方法!

急に首が痛くて動かせなくなった、寝違えてしまって首が痛い!こういった首や肩の痛みは通常自然に治るものですが、一刻も早く治したいというときにぜひ試してもらいたい解消法があります。

pinterest

マッサージをしたり湿布を貼ったり、入浴して血流を良くして痛みを和らげることも可能ですが、いずれも即効性はありません。この肩と首のエクササイズなら、すぐに痛みを解消できるだけでなく、再発を防ぐこともできるそうです。使うのは、タオル一枚だけ。

まずは、背筋を伸ばした状態で椅子に座ります。背もたれが高すぎない(肩甲骨より下にくる)椅子を使うようにしましょう。

1. タオルは巻いても巻かなくても大丈夫です。両端をそれぞれ持ち、ちょうどタオルが後頭部・首の上部にかかるよう、耳の高さで首と後頭部を覆うようにかけます。目の高さでタオルの端を持ち、タオルを左右に交互に引っぱりながら、動作に合わせて首を左右に動かします。

Youtube/ physicaltherapyvideo

首から下は、体を動かさないようにし、動作はゆっくり行い、痛みがする場合はエクササイズを中止してください。首の右側に痛みがある場合は、左腕でタオルの両端を持ち、右腕は降ろした状態で左右への運動を行ってみてください。首の左側に痛みがある場合は、その反対を行います。

2. 続いて、タオルの端を持っている手を入れ替えて同じ動作を行います。右手を引けば頭が右に引っ張られ、左手を引けば頭が左に引っ張られます。

Youtube/ physicaltherapyvideo

3. 再びタオルを持ち替え(タオルの右端を右手で持ち、左端を左手で持つ状態)、両手を目線の先に合わせたまま、ゆっくりと頭を後ろに倒していきます。頭を支えるタオルを前方に引っ張りつつ、頭を後ろに倒す動作を数回続けながら、タオルが後頭部・首にあたる位置を少しずつ下げていきます。

Youtube/ physicaltherapyvideo

腕を上げた状態で頭を後ろに倒すのがつらい場合は、タオルを肩にかけ、両手でタオルを下方向に引っ張りながらアゴを引き、ゆっくりと頭を後ろに倒してみましょう。

エクササイズを続けるうちに、首や肩の緊張が徐々にほぐれていくことを実感できるはずです。

Youtube/ physicaltherapyvideo

エクササイズはこちらの動画で紹介されてます。 (英語音声のみ)

タオル一枚あればできる簡単なエクササイズです。首や肩の痛みに悩まされがちな方はぜひ試してみてください!

痛みがひどい場合や日数が経過しても痛みがなくならない場合は、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

出典

shareably

コメント

おすすめの記事