家庭でできるクモの巣状静脈のための民間療法がある。でもみんな知りません。

クモの巣状静脈瘤(下肢静脈瘤)とは、静脈瘤の一種で、毛細血管が拡張し、青または赤色になっているものです。 足首、ふくらはぎ、そして足の筋肉などに見られる症状で、むくみや痛みの原因になることがあります。日本人の約2人に1人が発症しているといわれ、女性に多いのが特徴ですが、病院に行っても「見た目の問題」と放置されている場合が多いのが現状です。

原因は、加齢、長時間の立ち仕事、座りっぱなしの生活習慣、禁煙、妊娠・出産時、肥満、体質遺伝などが考えられます。緊急性のない症状なので心配はありませんが、肌が露出する所に発生すると気になるのも事実。注射器で薬を注入して治療する方法やレーザー治療などもありますが、今回は自宅でも出来る自然療法をいくつかご紹介します。

Wikipedia/Besenreiser

冷水シャワー

足に5分ほど冷水をあてまましょう。冷たい水に浸したタオルを足に巻くのも効果的です。クモの巣状静脈瘤による痛みや炎症を和らげ、血液に循環を促進してくれます。朝にするのがおすすめです。

shower

クランベリー

クランベリーには血管拡張作用があり、血の流れを良くし静脈の壁を強くする効果もあります。デザートやおやつとして気軽に食べることができます。ぜひ食事に取り入れてみてください。

cranberries

抗酸化作用のある食べ物の摂取

抗酸化物質が豊富に含まれている食べ物は、血液の循環や酸素化を促進してくれます。果物では、柑橘系、ブルーベリー、カシス、ブドウ、りんご、スイカ、野菜ではトマト、ブロッコリー、ねぎ、たまねぎ、ニラ、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、大豆、なす、生姜が抗酸化作用の高い食べ物として知られています。

citrus fruit

ダイエット

クモの巣状静脈瘤の原因の上位にあるのが肥満です。重い体重を支える脚に過剰の負荷がかかっているためです。手足に負荷を与えている体重を減らすように心がけましょう。

アップルサイダービネガー

肉や皮膚をリラックスさせながら血液の循環を活性化させる働きがあります。コットンやタオルなどに浸して、患部に当てて20分ほどこの状態を保ちます。1日3回、4週間ほど続けてみてください。

Imgur/scissorsinacup

足を上げて就寝

足の下にクッションなどを置いて、足を少し上にあげて寝るようにしましょう。血液の循環を促進し、クモの巣状静脈瘤の発生を防ぐことができます。

トマト・青トマト

これはロシアの女性たちに好まれている方法です。トマトは抗酸化作用の高いクエン酸やリンゴ酸をたくさん含む食材です。新陳代謝が促進され、抗酸化作用だけでなく乳酸の発生を抑え疲れをとる効果も期待できます。方法は簡単。トマトを洗い、スライスしてクモの巣状静脈のある部分に当てるだけ。時間や使用頻度は諸説ありますが、5〜10分患部にあて、その後モイスチャーローションを使って乾燥を防ぐ方法がよく使われているようです。これを10日間ほど続けてみてください。青トマトや、あまり熟していないトマトがおすすめです。

Imgur/ekke85

クモの巣状静脈瘤は解消することができます。大切なのは、日ごろのケアや運動を心掛けることです。ぜひお試しください!

コメント

おすすめの記事