間違った入浴習慣。あなたは大丈夫?

私たちは毎日シャワーを浴びたりお風呂に浸かったりしていますが、ほぼルーティーン化しているその行為について、深く考える機会はあまりないかもしれません。 しかし実際には、間違ったお風呂の入り方・シャワーの浴び方をしている人が多くいて、なかなかそれに気づくことができていないというのが実情です。

今回は、ついついお風呂場でしてしまう間違った習慣をいくつかご紹介します。

Pinterest

1. 毎日髪を洗う

常に輝く髪を保ちたい。誰しもがそう考えます。しかし、実は髪を毎日洗うのはあまりいいアイディアではないのです。髪を洗いすぎてしまうと頭皮が乾燥して痒くなります。髪が細くデリケートな人であれば、最適な頻度は実は週に2回程度なのだそうです。また、ちょっとカールがかった髪の人や毛量が多い人は、週に1度洗えば十分だという専門家もいます。

2. シャワーの回数が多い、長時間入りすぎる

シャワーは、あまり入りすぎると肌を傷めたり乾燥させたりする原因になります。角質層に存在する肌の水分を保つ細胞間脂質、その他天然保湿成分は、入浴によって洗い流されてしまい、その後24時間かけて回復していきます。シャワーを浴びるときは、長くても10分前後で済まように心がけましょう。また、一日に何度もシャワーを浴びるのは肌に大きな負担をかけることになってしまいます。例えばジムに行って汗をかいたなど、どうしてもシャワーを浴びたいというときは、2度目はできる限り早く済ませ、石鹸なども極力使わないようにしましょう。

3. 足や背中を洗わない

なかなか手の届きづらい箇所は洗うのもおろそかになりがちです。身体は常に新しい皮膚を作り出しており、古くなった皮膚は垢となって身体に付着した状態で残っています。この垢にはバクテリアや菌が繁殖する環境を作り出してしまうため、しっかりと洗い流してやる必要があるのです。

Pinterest

4. スポンジ・タオルなどをしっかり乾かさない

入浴時にスポンジやタオルを使用する人も多いと思いますが、濡れたままにしておくと、バクテリアが繁殖するのにベストな環境を作り出すことになります。毎回シャワーを浴び終えたら、必ずスポンジをしっかりと乾かすようにしましょう。これはバスタオルなど毎日使用するアイテムにも共通する注意点です。

5. 保湿ケアをするタイミングが遅い

肌を清潔に保っておくのは重要なことですが、石鹸は乾燥を引き起こしてしまうという欠点があります。お風呂から出たら、すぐに保湿ケアすることが重要です。また、肌が乾燥しきった後に塗っても意味がありません。まだ肌が濡れている段階で、遅くても5分以内に肌に合ったクリームやオイルを塗って充分十分に保湿をするようにしましょう。

6. 身体を乾かしすぎる

シャワーからあがって、バスタオルでこれでもかというほど身体を拭く人がいますが、これも肌に大きな負担をかけることになってしまいます。身体を拭く際はなるべく柔らかいタオルを使用し、優しく水分を拭きとりましょう。

7. 運動直後にシャワーを浴びない

あまり汗をかいていないという場合でも、運動後には軽くシャワーを浴びるように心がけましょう。ほんの少しの汗でも皮膚の上で細菌が繁殖する環境が作られ、時間が経てば臭いの原因となります。石鹸を使わず、水で洗い流すだけでも十分です。

Pinterest

8. 温かいお湯でシャワーを浴びる

冷たい水を浴びるのは、血流を良くしたり、皮膚を新鮮に保ったりと、実は様々な効果が期待できるのです。気持ちが沈んだときにはのリフレッシュ効果にもなるそうです。とはいえずっと冷たい水でシャワーを浴びるのもつらいので、がる前の30秒間だけ冷たい水で体を洗い流すという方法を試してみてください。

9. 髪全体にコンディショナーを付ける

コンディショナーの使い過ぎは、髪のギトつきにつながる場合もあるので注意が必要です。実はコンディショナーは、毛先にだけ使用するだけで充分なのです。また、シャンプーの前にコンディショナーをつけるようにすれば、傷んだ髪の補修効果が高まり、シャンプー時のダメージを防ぐこともできます。

10. 長い髪をタオルでくるむ

実はシャワーの後に頭をタオルで巻くと髪にダメージを与えてしまう恐れがあります。髪は余分な水分をタオルで拭き取る程度にとどめ、あまり擦らないようにしましょう。毛の絡みなどの問題を防ぐことができます。

11. 濡れた状態で毛を剃る

専門家によれば、水に濡れた状態で毛を剃るのは肌にダメージを与えてしまうのだということです。どうしてもシャワーを浴びているときに剃りたいという人は、専用のシェービングジェルを使うようにしましょう。 

いかがでしたか?今回ご紹介した習慣のうち、あなたはいくつ当てはまったでしょうか。これからはシャワータイム中の行動も見直そうと考えた人もいると思います。次にシャワーを浴びるときは、ぜひこれらのポイントに注意してみてください。きっと髪や肌に大きな違いを感じることができるようになるはずですよ!

コメント

おすすめの記事