靴下に塩を入れて加熱 中耳炎の痛みを和らげる

中耳炎になったことがある方なら、あのトラウマになりかねない、つらい痛みが分かると思います。 私もこどもの頃はよく中耳炎になり、寝返っても歯を食いしばっても、和らげることはできない痛みを我慢するしかなかったことを憶えています。

大抵の場合、しばらくすると抗生剤が効いてきて痛みも引いていきますが、いつもではありません。また抗生物質や薬の副作用、気になりませんか?できれば薬に頼らない自然治癒を選びたい!そんな希望に答えるのが「塩」を使った痛み解消法です。

twitter/ Breathe Better

塩の他に必要なものは白い靴下です。白であることが重要です。(色のついた靴下を使うと色落ちしてしまう恐れがあります。)

そして、粗めの海塩を使います。靴下の隙間からこぼれ出ないよう、ある程度粒の大きさがあるものを使用してください。含まれる化学成分の働きが重要なので、岩塩ではなく必ず海塩を使ってください。量は、1〜1.5カップで十分です。塩を靴下に入れます。靴下を巻いて短くするか、じょうごを使えば、こぼさずに簡単に入れることができます。

twitter/ Fitness Diary

二重結びにするか、ゴムや紐で口をしっかり閉めます。

twitter/ Fitness Diary

手のひらサイズくらいになっているはずです。

twitter/ Fitness Diary

塩を入れた靴下を、鍋またはフライパンに入れ中火で4-6分ほど温めます。靴下が熱くなりすぎないよう、時々ひっくり返してください。電子レンジで温めることもできますが、電子レンジでは塩を均等に温めるのが難しいので、温める時間は自己判断になります。また、靴下の生地が痛んだり、破れてしまう場合があるので気をつけてください。電子レンジを使う場合は5秒ごとに止めて確認しながら温めてください。これが面倒な場合は、鍋やフライパンを使いましょう。火傷にはくれぐれも注意してください。

twitter/ Fitness Diary

温まったら、最後に直接肌で靴下の温度を確認してください。熱すぎる場合は耳を火傷してしまう恐れがあるので、しばらく待ってから使ってください。靴下は、耳とあごの一部にあてるようにします。数分の内に、痛みが引いていきます。

twitter/Homesteading Freedom

子供には特に嬉しい、薬を使わないナチュラルな痛み解消法を是非試してみてください。ぽかぽかして、痛みもイライラも落ち着くはずです。

この知っておくべきこの技、友達みんなにシェアしてあげてください。耳の調子がいつも悪そうなあの人には、必ず。

コメント

おすすめの記事