科学者たちはこの「不健康な」食べ物が数キロの減量に効果があることを発見した。ただいくつかのことに気をつけなければならない。

世界中で大人気のパスタ。欧米ではオイルソースやクリームソースで食べることが多いことから、パスタは太るとずっと思われてきました。 さらに最近では炭水化物がメインでさらにグルテンを含むパスタは健康にも悪いと評価が下がりまくり。でもこれからは違います!

Pixabay

もちろんそんな風潮に黙っていなかったのはイタリア人です。イタリアで20,000人の健康な人を対象に調査を行いました。その研究でスパゲッティなどのパスタ類を食べても体重増加につながらないことが明らかになったのです。むしろ真実は正反対でした。パスタを食べれば減量に効果があるのです!

Pixabay

少なくともこれは、この研究論文の著者であるイタリアのソーラにあるInstituto Neurologico Mediterranoのジョージ・ポウニスさんによる主張です。「減量したい人はだいたい普段の食生活からパスタを除外します。しかし私たちの研究データによればこれは間違いだということがわかっています」

Sami Keinänen

もちろんいくつか注意点はあります。パスタは魚、オリーブオイル、野菜やニンニクと一緒に食べるのが一番です。すっきりした体型でいたいパスタ愛好家なら、体重増加につながるミートソース、ベーコン、そしてクリームは避けたほうがいいでしょう。

Nadja Tatar

それから一食分の量に注意しなければなりません。この健康調査の参加者の中で一食あたり最も多くパスタを食べていた人でさえ、その量は200グラム以下でした。フルーツや野菜がその多くを占める食生活全体の中でパスタが占める割合はわずかでした。

Pixabay

イタリアでは本来家族みんなで取り分けていたパスタが、他の国に伝わるにしたがって一人当たりのポーションが大きくなり、メインのような感覚で食べられていることが問題なのかもしれません。またセモリナ小麦粉を使った麺を全粒粉の麺に替えることでより多くの食物繊維も摂取できます。腹持ちが良いのも特徴です。健康的な食事に十分な水分摂取、それから適度な運動を組み合わせることも忘れないようにしましょう。長距離のウォーキング、階段の上り下り、またはちょっと頑張って水泳をすれば、非常に効果的な運動になります。健康な体作りの前に立ちはだかるものは何もないのです!モチロンみんなの大好物のパスタでさえも!

コメント

おすすめの記事