ネガティブな感情が引き起こす身体の痛み

心の悩みは体の不調。精神的に疲れていたりストレスを抱え込んでいると、体調不良など身体にも大なり小なり変化が現れます。

イライラ、ストレスから肌トラブルや不眠障害...精神の健康が身体の健康状態にいかに影響を及ぼすか、日々生活の中で実感している人も多いことでしょう。心因性疼痛とは物質原因により発生する痛みではなく、悲しみや怒り、緊張や罪悪感などのネガティブな感情から引き起こされる痛みです。意外なことに、痛みを感じる身体の部分からどんな精神トラブルを抱えているのか知ることができるのです。あなたを悩ます痛みはどの部分ですか?

Pixabay 

注意:実際に痛みなど身体の不調に気づいたら、まず最初に医師の診断を受けることが重要です。医療検査や健康診断を受けても痛みの原因が不明の場合、以下の精神的ストレスが痛みの原因である可能性があります。

1. 首

sdf

痛みを伴う首の凝り。首に痛みがある場合、頭も柔軟性に欠け凝り固まっているサインでもあります。個人的な見解や考え方に固執することが体の不調につながるのです。例えば、過去に体験した怒りなどの負の感情を簡単には消化することができず、他人を許すことができないため、いつまでもネガティブな感情を引きずりがちになってしまうのです。また、周囲を喜ばせないといけないと使命感を感じているため、精神的なプレッシャーによって刺すような痛みを感じることもあります。

2. 肩

肩の痛みは生活する上での負担により生じると言われています。人生に疲れ途方にくれてしまったときなど、肩に痛みを感じやすくなります。こうした場合特に重要なことは自分の抱えている心の問題に向き合い、自分なりに整理することです。医師やカウンセラーの専門家のサポートを受けることも有効です。人生により喜びを見出すことができれば肩の痛みも消えることでしょう。

3. 胸

asd

胸の痛みは罪悪感のあらわれと言われています。胸に痛みを感じる人は過去にとらわれるあまり、現在と未来に焦点を置くことが難しい傾向にあるようです。

4. 背中

背骨は背中の安定性を担っています。この部分の痛みは、社会から十分な支援を受けられていないというサインです。

a. 上背部: 上背部の痛みは自分が他者から愛されていないなどの疎外感を抱えていることを意味します。自己愛の低さのあらわれでもあります。

b. 下背部: 心配事や金銭問題などの悩みによりこの部分に痛みを生じるそうです。

5. 腕

dfs

腕の痛みは生活環境の変化のあらわれだそうです。新しい環境に慣れれば痛みは消えるそうです。

6. お尻

人生に行き詰まり、目標を見失ってしまった...そんな精神状態がお尻の痛みの原因となるそうです。失敗を恐れるあまり、将来への難しい決断に悩む、といったケースでも同様に痛みを生じるそうです。

7. 膝

sdf

不安を抱えることにより痛みが生じるそうです。また頑固さや高いプライドも膝の痛みの原因と言われています。

8. ふくらはぎ

ふくらはぎに痛みがある場合、強い情緒的緊張状態にあると考えられます。ストレスや嫉妬が原因でふくらはぎに筋けいれんが起こるそうです。リラックスを心がけ、絶えず心配してばかりの状態から脱却することでふくらはぎの痛みから解放されるでしょう。

9. 足首

dsfs

足首の痛みは自分が何かに喜びを見出し楽しむことで後々罰せられるのではないかと恐れる潜在意識から生じるそうです。

10. 母指球

人と関わる機会が少ないことから生じる孤独感は母子球に表れます。その場合友人や古くからの知り合いに連絡をとってみたり、新しい趣味を見つけて人と関わる機会をもつことが大事です。

今これといって身体的な理由はないはずなのに、なぜか痛みを感じる体の部分がどんな精神的ストレスを暗示しているのかがわかったかもしれません。まずこれらの問題を解決する事に集中してください。また人の助け(例えば精神科医など)を拒まない事が重要です。神経障害性疼痛は私たちの生活を著しく妨げる痛みです。身体の疾患と同じような対応が必要です。

コメント

おすすめの記事