毒性が有るか無いか:プラスチック製品の数字が語る

プラスチックを正しく廃棄しリサイクルしなければ、環境破壊の原因になることは周知の事実です。ではプラスチックが人間の健康に及ぼす影響はどうなのでしょう。日本では「プラマーク」による識別表示の義務があり、輸入されるプラスチック製品には主に国際的に使用されている「SPIコード」と飛ばれる番号が付いています。この番号がプラスチックの種類を見分ける鍵となります。

プラスチックの主な種類と、それぞれが人体にどのような害をもたらす可能性があるのかチェックしてみましょう。

もちろん全てのプラスチックが危険というわけではありませんが、何を避けた方がいいのかを知っておくにこしたことはありません。日本ではプラマークが主流でSPIコードを見かける機会は少ないですが、プラスチックの略号を覚えておけば製品に併記されたプラスチックの種類を確かめることができます。

コメント

おすすめの記事