【鼻血の恐怖】ある日突然出て、止まらない鼻血・・。その後病院で受けた診断に言葉を失った。

ある日突然鼻血が出て止まらなくなったら、あなたならどうしますか?物理的に鼻に負担をかけていたり(くしゃみなど)、何かにぶつかったりした場合にでる鼻血は「普通の鼻血」で特に気にする必要はありませんが、ただ座っているだけなのに鼻から出血するという場合などは要注意です。

Facebook/1987718564798058

そもそも「通常の鼻血」の場合、キーゼルバッハ部位と呼ばれる鼻の穴の入り口付近から出血しますが、その原因が病気である場合、鼻の奥の鼻腔の粘膜から血が出てくることがあります。もしダラダラと大量の血が流れ、さらにそれが鼻を押さえても止まらないという方はすぐに近くの病院へ診察に行くことをオススメします。

なぜなら次に紹介する3つの病気の疑いがあるからです・・。

Twitter/kohimame01

1. 高血圧

高血圧と言うと一見さほど体に影響がないように思えますが、実はそこが落とし穴です。血圧が正常範囲を超えて高く維持されている場合、虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)や脳卒中、腎不全など恐ろしい疾患の原因となります。高血圧は生活習慣病のひとつで肥満、脂質異常症や糖尿病との合併を起こすと「死の4重奏」などと呼ばれます。それでは2つ目の原因は…。

Facebook/hankwuwuwu

2. 白血病

「血液のがん」の別称でも知られる白血病ですが、この病にかかった場合白血球が異常な数で増殖してしまい、止血作用がうまく働かなくなります。それが原因で鼻血が頻繁に出ることになります。白血病の場合老若男女を問わず、鼻血や歯肉からの出血がおこり、なかなか止まらないという特徴が挙げられます。遺伝性ではなく、生活習慣によって起こるわけでもないので、誰でもなる可能性のある病気です。さて最後に皆さんにお伝えしたい、鼻血を引き起こす病はと言いますと・・。

Facebook/michelledbev

3. 糖尿病

糖尿病によって引き起こされる高血糖は血管内の細胞を傷つけ、もろくしてしまいます。そのため、鼻の毛細血管もそれによってダメージを受け、鼻血が出やすくなることがあるのです。他にも、糖尿病患者で血液中の中性脂肪やコレステロール値が高い場合、余分な脂質が血管内にたまり、動脈硬化を引き起こし鼻血が出やすくなる場合もあります。 

Facebook/Froy Gutierrez

これらの3つの疾患が鼻血を引き起こすと考えられている病気の中でも最も恐ろしいワースト3です。もし鼻をかいたりぶつけたりしていないのにも関わらず大量の鼻血が突然出始め、止まらなくなったらこれらの病気を疑ってみた方が良いかもしれません。ただの鼻血と無視せず、どこかおかしいなと思ったらすぐに病院へ行くことをお勧めします。

コメント

おすすめの記事