この女性は18ヶ月間シャンプーを使わなかった。結果が素晴らしい!

キャサリン・マーティンコは、カナダ・オンタリオ州在住の若い母親です。家事と育児に追われ、髪をきれいに整える時間さえありません。 髪は洗う時間はあるのですが、トリートメントパックなどは久しくやっていません。髪は傷んでボサボサ状態でした。

そんなキャサリンは、あるとき夫の髪が嫉妬したくなるほどツヤツヤしていることに気がつきます。それも彼は、彼女に比べて格段に少ない時間しか費やしていにも関わらずです。

その秘訣を夫から聞き出したところ、キャサリンは驚きます。夫は髪の毛を4日か5日に一回しか洗わないばかりか、シャンプーではない以外なもので髪を洗っていたのです。

夫が髪を洗うのに使っていたのは、ベーキングパウダー(重曹)とリンゴ酢でした。

キャサリンは夫の真似をしてみることにしましたが、最初はお酢の匂いで気持ち悪くなってしまったそうです。

「私にとって一番大きなハードルは、サラダのドレッシングみたいな臭いを我慢することだった」

このハードルを乗り越えたキャサリンは、その結果に驚かされます。

4日か5日に一回しか髪の毛を洗っていないのに、髪の毛に明らかに艶が戻ってきたのです。髪の毛がゴワゴワになることも無く、お酢の匂いも髪の毛が乾けばおさまるので随分慣れました。

1

夫の方法をより改善したキャサリンの自家製シャンプーはこれです:

小さじ2杯の重曹を大きめの容器(500ml位)に入れ、ぬるま湯を注いで混ぜてから髪にかけ、洗います。次に、小さじ2杯のリンゴ酢を同じ容器に入れぬるま湯を注ぎます。それを髪の毛に馴染ませてから洗い流します。

弱アルカリ性の重曹が優しく脂肪や汚れを洗い流し、その後にリンゴ酢が潤いをあたえます。色々な方法をネットで見つけましたが、キャサリンにとってはこの方法が一番だといいます。

最近、髪の毛の傷みが気になるという方、ぜひ試してみてください!

コメント

おすすめの記事