こんなに寝ているのに疲れが取れない?もしかしたら台所にあるこれが原因かも。

手早く簡単に料理するのに欠かせない電子レンジは、現代の生活からは切っても切り離せない存在です。 でも電子レンジの健康への影響については知っていますか?電子レンジの電磁波は食事を温めるだけでなく、食品の性質を変化させ、人体の細胞にも悪影響を及ぼすと言われています。台所にあるとても便利な家電製品が、健康に対してどんな影響を与えるのか知っておきましょう。

1.慢性疲労

 

よく眠り、特別ストレスを感じているというわけでもないのにいつも疲れていませんか?その疲労の原因は、もしかしたら電子レンジによるものかもしれません。実際、電子レンジで生じる電磁波は体内に酸素を運ぶ赤血球の数を減らしてしまうことがわかっています。つまり体内に十分な酸素が行き渡らず、慢性的に疲労感を感じるというわけです。電子レンジを使っている際には、キッチンを出るというのが一つの解決方法ですが、電子レンジをキッチンからなくしてしまうのが一番いいかもしれません。

2.不眠症

 

電磁波に晒されることで生じるのは慢性疲労だけではありません。使用中の電子レンジの隣に長時間立っていると、体は「睡眠ホルモン」としても知られるメラトニンの生成を抑えてしまうことがあります。このホルモンが不足すると、睡眠時に問題を生じたり、不眠症を発症したりしてしまいます。

3.炎症性疾患

 

よく知られていることですが、食物の栄養価に関しても電子レンジにはいい評判がありません。特に、電子レンジの電磁波は食物に含まれる抗酸化成分を破壊するため、体内の毒素量が上昇します。 長い間電子レンジを使用していると、体内の抗酸化成分が不足し、毒素レベルを低く保つことができず炎症性疾患を患いやすくなる恐れがあります。

4.ビタミンの欠乏

 

食物を温める際に放出される電子レンジの電磁波はビタミンとミネラルにも影響を与えます。健康的な食事を心がけていても、電子レンジで調理してしまうと多くの食物の栄養が損なわれてしまいます。ビタミンB群やフラボノイド、その他の栄養素は、電子レンジによって簡単に破壊されてしまうのです。長期間にわたる使用は、特定のビタミンの欠乏など、体に一定の影響を与えることが考えられます。

5. ガン

 

さらに食物をプラスチック容器に入れたまま電子レンジで温めると、発ガン性物質が食物に溶け込む可能性も指摘されています。電子レンジ使用によるビタミン欠乏、炎症性疾患、そして不眠症などで体内の免疫の保護システムが低下したところへ、発ガン性物質が取り込まれてしまうのです。長期的にはガンのリスクが高まります。

 

電子レンジを使えばずっと時間を短縮することが可能ですが、健康を損なうリスクを取ってまで使用するべきかは疑問が残ります。食事を温めるときは、危険性のない他の方法を試してみてはどうでしょうか。長い目で見れば、きっと損はないはずです!

コメント

おすすめの記事