髄膜炎の症状:8つの見分け方

髄膜炎(ずいまくえん)はあまり聞いたことのない病気かもしれませんが、どの年代でも誰にでも起こりうる病気です。 髄膜炎とは字が表す通り、脊髄や脳を覆う髄膜が炎症を起こす病です。主に細菌やウイルスが原因となるため、髄膜炎の患者とのキス、咳やくしゃみで感染する場合があります。

ウイルスや細菌などへの抵抗力が弱まっている人や、自己免疫疾患を患っている人は、髄膜炎に感染しやすくなります。さらにマダニなどに噛まれて感染するライム病も髄膜炎を引き起こすことがあります。しかし最も感染リスクが高いのは新生児や乳児で、大腸菌や肺炎球菌などの細菌による髄膜炎を発症します。

Pixabay

かかってしまった場合、発達障害や難聴など重い後遺症が残ることもあり、場合によっては命に関わることもある髄膜炎。初期症状が風邪に似ているため、見分けるのが難しいとされています。以下の髄膜炎の代表的な症状を確認して、早期に医師の診察を受けるようにしましょう。

1. 高熱

Pinterest

髄膜炎の場合、悪寒を伴う熱が高いまま下がりません。しかし、発熱は体内の免疫システムが病気と戦っているサインでもあるため、これだけでは髄膜炎かどうか判断することはできません。

2. 腹痛、吐き気、嘔吐

Pinterest

腹痛や吐き気、嘔吐などの症状も髄膜炎の特徴です。食中毒が原因とは考えられない場合、そして他の症状も併発している場合、髄膜炎を疑って医師にかかった方が良いでしょう。

3. 激しい頭痛、光や音に対して過敏に反応する

Pixabay

成人の髄膜炎に最も多い症状は重い頭痛で、明るい光を嫌がる、大きな音に耐えられないというのも髄膜炎の特徴です。

4. 点状の湿疹

Pinterest

髄膜炎の患者の中には、点状の湿疹を発症する人もいます。ただの湿疹では、アレルギーなのか、アトピーなのか見分けることが難しいですが、あるテストで髄膜炎の可能性を探ることができます。

清潔なグラスを湿疹の出ている箇所に押し付けます。グラスを押し付けた時、湿疹の出ている箇所の色が他の部分と同じく薄くなったら髄膜炎の可能性は低そうです。しかしグラスを押し付けても湿疹が鮮やかに見える場合は、病院へ行きましょう。

5. 視界がぼやける

Pixabay

視界がぼやける場合は、いずれにせよ異常事態なので医師のもとを訪れた方が良いですが、これも髄膜炎の初期症状です。

6. ブルジンスキー徴候

ポーランドの小児科医が1908年に発見した髄膜炎の見分け方です。髄膜炎の子供を仰向けに寝かせ頭を持ち上げると、両膝が勝手に持ち上がってきます。頭を持ち上げたまま、足をまっすぐにしようとしても痙攣して元に戻りません。頭を床に戻すと、足も自然に戻ります。このブルンジスキー徴候が出た場合は、すぐに救急車を呼んでください。

 

Twitter/medumentary

7. 意識が朦朧とする

Pixabay

意識が朦朧とするのも髄膜炎の症状です。もちろん他の病気でもこの症状が出るので、意識が朦朧としているというだけで髄膜炎と決めつけることはできませんが、いずれにせよ病院へ行きましょう。もし髄膜炎の場合、意識が遠のき昏睡状態に向かう恐れがあります。

8. 首の緊張

Pinterest

首の筋が緊張し、硬直したように首を前へ曲げられないというのは髄膜炎の特徴の一つです。先ほどの意識障害と発熱、そしてこの首が硬直する頂部硬直は髄膜炎の最も代表的な3つの特徴で、この3つの症状が見られる場合、髄膜炎の可能性はかなり高いといえるでしょう。

髄膜炎は早い段階で見分けるのが難しい病気ですが、特に子供が感染しやすい細菌性髄膜炎では、風邪と区別がつきにくく、細菌性髄膜炎であると診断された時にはすでにかなり進行していたというケースもあります。予防接種を受けるのが一番の予防法です。医師と相談し、接種するようにしましょう。

コメント

おすすめの記事