超感覚が鋭い人特有の8つの特徴。2番目は意外だった。

「HSP」という言葉を聞いたことがありますか?これは、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly Sensitive Persons)の略で、敏感、繊細で感受性が高く、さまざまな刺激に過剰に反応してしまう気質を先天的に有する人を表す言葉です。 HSPは病気や障害ではなく、全人口の20%程度に見られる「気質」で、高い感受性を持つ人は、職場や家庭での日常生活に疲れやすさや生きづらさを感じる人が多いと言われています。その敏感さゆえストレスを感じやすく、過敏性腸症候群(お腹の痛みや不快感、下痢や便秘が続く病気)などの心身症にもかかりやすいそうです。

しかしながら、高い感受性を持つ人が必ずしも内向的であったり、神経症や心身症を抱え、生きづらさを感じているというわけではありません。人の感受性について研究を続けているエレイン・N・アーロン博士によると、この気質は環境的なストレス源の存在によって進化的に獲得・保存されてきたものであることから、生存優位性を表すものなのだそうです。高度の感受性を持って生まれた人々は、そうでない人に比べてポジティブな経験から、より顕著な恩恵を受けることができることも指摘されています。

高感受性を持つ人々、ハイリー・センシティブ・パーソンに見られる行動的特徴は以下の通りです。あなたはいくつ当てはまるでしょうか?

 

1. 自分は変わり者だと感じることが多い

職場や学校などのグループ行動が求められる環境で、ふと、周りの人々と自分との間に大きな隔たりを感じたことはありませんか?高感受性を持つ人は、「普通」という枠に自分をなかなか当てはめられない傾向にあります。交われないことを悩み、ストレスを抱えてしまう人もいるでしょう。

 

2. 個人プレーを好む

周囲で起こっていることに意識を集中し続けなければならないチームスポーツなどは、高感受性を持つ人にとっては大変疲れる作業です。そのため、スポーツであれば、周囲の状況や人の目を気にすることなくひとりで楽しめるウォーキングやジョギングなどを好む傾向にあります。しかし、決してチームワークが不得意なわけではなく、色々な視点から問題を考察し注意を配れるので、本人の気持ちはともかく、チームでは重宝される存在のはずです。

 

3. ディテールに目がいく

人が気づかないような細かいところに目がいくのも、高感受性を持つ人の特徴です。人が覚えていないことを覚えていたり、家具の位置が気になったり、仕事では細かいディテールまで手を抜かない、などの傾向が見られるようです。

 

4. 気が利く

高感受性の人は、人の気持ちを敏感を察知し、考慮する能力に優れています。記憶力も良く、聞き上手、人を喜ばせることも好きで、礼儀正しく接することができます。また、思いやり深い人が多いのも、自分の態度が人にどう受け止められるかをよく理解しているからでしょう。

 

5. 涙もろい

豊かな感受性を持っているため、反射的に感情が溢れてきてしまうことがあります。ふと思い出した昔の記憶やふと目にした情景など、ささいなことでも涙が出そうなほど心を動かされてしまうこともしばしば。しかし決して感情にコントロールが効かないわけではなく、人によっては自分を抑える必要がある状況ではクールさを保つこともできます。

 

6. 不安を感じやすい

高度な感受性を持つ人は、不安障害などこころの病気になりやすい傾向にあります。刺激や不安の多すぎる日常から逃避するため、自分に殻に閉じこもる時間を必要とする他、アルコールや薬物に走りやすいともいわれています。

 

7. 内気な印象を与える

人の感情を敏感に察することができる反面、高感受性を持つ人は、自分の感情をうまく言葉で表現できない、自覚できない人が多くいます。周囲の反応を恐れている感情が原因とも考えられています。そのため、内気、あるいはミステリアス、またはつんとした印象を与えることがあるようです

 

8. 傷つきやすい・批判が苦手

高感受性を持つ人は、批判をなかなか受け入れられません。過剰に反応してしまったり、批判されたことで長い間、思い悩んでしまうこともあります。しかし、それは同時に批判を無視することがないということでもあるので、建設的な批評からは恩恵を受けることもあるでしょう。 

 

いかがでしたか?「生きにくい」と感じている人ほど、自身や他人の感情を認識し理解できる、思いやりに溢れたハイリー・センシティブ・パーソンなのかもしれませんね。

コメント

おすすめの記事