5つのシンプルな手の仕草で、どれだけ相手を大切にしているか伝えられる

普段はボディランゲージを気にすることはありませんが、ボディランゲージはコミュニケーションの重要な役割を果たしています。 面白いことにボディランゲージは嘘をつかないので、手や目、姿勢は誰も知らないはずのあなた自身のことを物語っているのです。しかしボディランゲージの威力に気づいていれば、意識的に改善することができます。手のわずかな動き一つで好かれるか嫌われるか決まってくるのです。

pin

気をつけておきたい5つの手の仕草をご紹介します。

1. 「聞いているよ」を表す手の仕草

 

例えば両手をあごの下に持って行って顔を預けるようなポーズです。この仕草は、あなたが目の前の相手の言うことに非常に関心を持っているということを示しています。

 

(上の写真くらいやると好意が丸見えです!)

一方、肘をついて軽く握った手の上に顔を預けるポーズは、関心を持っていないこと、むしろ退屈していることをはっきりと伝えます。

 

2. 優しく触れる

「心の隠れた領域の言葉を感じ取る手は素晴らしい。肌に吹きかける吐息は水に投げ込まれた小石のように、目に見えない波を起こす」フランス人小説家エリック・フォトリーノが言うように、相手に優しく触れる仕草は間違いなく愛情の証です。

 

親密なデートのときは、それとなく相手に触れるチャンスを逃さないようにしましょう。男性なら、彼女が車から出てくるときに手を貸してレストランの座席にエスコートしてあげると自然に女性の手に触れることになります。

 

職場で部下の肩に手を置くのはやめた方がいいと思いますが、パートナーや気になる人に対しては、コーヒーを渡すときなどにそっと肩や手に触れると愛情が伝わります。

ちょうどいいタイミングでパートナーの頬からまつげを取ってあげるというのもいいですね。

ピアスや指輪など、パートナーが身につけているアクセサリーを褒めながらそっと触れるのも雰囲気が高まります。イヤリングを褒めながら耳の後ろをそっと撫でたりしたら、マンネリ気味の2人の関係も再燃するはず!

 

3. 手のひらを相手に向ける、または手のひらを上にする

この仕草からは「私を信じて、危害は加えないよ」という意味を受け取ります。握手する直前や、相手を部屋に招き入れる際にこの仕草で相手のガードが低くなるはずです。

 

4. 握手

握手は友好関係を築こうとしているということを知らせる昔からの方法です。ちょっとビジネスライクのようですが、握手はいつの時代も変わらぬ意味を持っています。ビジネスでは、固い握手が信頼の証として好まれますが、プライベートシーンではもっと優しく軽い握手にしてください。握手の間は相手の目をきちんと見ることをお忘れなく!

 

さらに意欲を見せたいときは、両手で相手の手を包んだり、握手しながら相手の肩に置いたりします。

5. 絶対ダメ!

裁判所で極悪非道の殺人者を指すのでない限り、誰かを指差してはいけません。指差しは非常に攻撃的な行為とみなされます。

 

胸の前で腕を組んでいると、心を閉ざしているというネガティブな意味を持たれてしまいます。

 

口の前で手を合わせると、策略家で裏で何を考えているかわからない人という印象を与えてしまいます。

 

テーブルの下に手を隠す、ポケットに突っ込んだままにしておくという行為は非常に無礼な印象です。

ボディランゲージで相手にこれほど様々な印象を与えているということがわかったら、自分の仕草を見直してみましょう。行動は言葉よりも雄弁に人格を語るのです。

コメント

おすすめの記事