ニンニク1片を口に入れて数分間、辛い痛みを解決。

ニンニクは、世界のキッチンで重宝される人気の食材です。古代に栄えたローマやギリシャ、中国、エジプトでは、ニンニクはスタミナ源としてだけでなく、薬としても抜群の存在感を持っていました。 消炎作用と抗菌作用などを持つ成分が含まれているニンニクには、さまざまな病や症状を和らげるために使われてきました。また、鎮痛剤としても広く利用されてきました。この効能は、歯の痛みにも効くのだそうです。

ニンニクを絞ったり切ったりすると、ベトベトした水分が出てくきてあの強烈な発生します。このにおいの元「アリシン」こそが、ニンニクの薬効成分の主体となる成分です。

Pixabay

ニンニクを使用した歯痛への対処法:

歯茎の腫れや感染症が原因の歯痛に対しては、ニンニク1欠を半分に切ったものを痛む箇所に710回ほどこすりつけるように揉みこみます。痛みが再発したら、ニンニクの欠片をゆっくり噛み砕き、中の水分を歯に浸透させてみましょう。1530分もすれば、アリシンが鎮痛作用を発揮し、痛みを和らげてくれるそうです。

ニンニクは歯痛の応急処置として非常に効果的な食品です。特に週末で歯医者がやっていないようなタイミングには大きな助けとなってくれることでしょう。しかし、当然ですがこの方法はあくまで応急処置であり、根本的な治療ではないことに注意する必要があります。もし痛みがどうしてもひかないようであれば、歯科医に行くことをお勧めします。

くさいかもしれませんが、最終手段として覚えておくのもいいかもしれませんね。ニンニク好きの人には、ぜひシェアしてあげてください!

出典

umpah

コメント

おすすめの記事