ペタンコのお腹に:椅子に座りながらできる6つのエクササイズ

座りっぱなしは体によくないということは、みんなが知っています。でも明日からスタンディングデスクに切り替える、というわけにいかない方はせめて座りながらできるエクササイズをしてみてはどうでしょうか。

健康に良いというだけでなく、頭もスッキリして集中力も高まります。

エクササイズ1 - 膝を胸につける

やり方:

背筋を伸ばし、椅子の背もたれから背中を離して座ります。膝が直角になるように両足をしっかり床につきます。右膝を抱え、息を吸いながら右膝を胸に近づけます。数秒間静止し、息を吐きながら足を床に下ろします。腹部を伸ばすために手を頭の後ろで組んでも構いません。

左右の足を交互に、20回から30回行います。

期待できる効果:
脂肪を燃焼し、消化機能を促進し、腹筋を鍛えます。

エクササイズ2 - 両足釣り上げ

やり方:

両足をぴったりとくっつけ、椅子のアームを握り、背筋を伸ばします。膝が開かないように注意しながら胸まで持ち上げます。この時お腹がピンと張っているのを感じましょう。足が床に着く直前までゆっくりと両足を下ろし、再び持ち上げます。

10回から20回繰り返します。

期待できる効果:
腹部の筋肉が広範囲にわたって効果的に鍛えられます。

エクササイズ3 - 体側のシェイプ

やり方:

背筋を伸ばし椅子に座ります。椅子のアームをしっかりと握り、体を一方に傾けます。お尻の片側に体重がかかっている状態です。ここからエクササイズ2をします。両足はぴったりとくっつけたまま、両足を胸に引き寄せ、床の直前までゆっくりと下ろします。

これを左右20回から30回繰り返します。

 期待できる効果:
ウエストラインのシェイプに効果的です。体側の筋肉を鍛え、脂肪を燃焼します。

エクササイズ4 - 体のひねり

やり方:

足を肩幅より広く開きます。両腕を肩の高さで伸ばし、上半身を右側にひねりながら、左手で右足のつま先に触れます。そのまま数秒間静止し、元に戻します。反対側も同様に行います。

左右交互に20回から30回行います。

期待できる効果:
お尻とウエストラインの脂肪燃焼を促進します。

エクササイズ5 - 体のリフティング

やり方:

安定感のある丈夫な椅子を使います。アームをしっかりと握り、お尻と足が椅子から浮くまで体を押し上げます。さらに、腹筋に力を込めて膝を胸に近づけ15秒間静止します。ゆっくりと体を元に戻し、息を整えます。

できれば4回繰り返します。

期待できる効果:
このエクササイズはきついだけあって、脂肪を急速に燃焼させ、背中や肩、お腹の筋肉を鍛えます。椅子選びに注意しましょう。間違ってもキャスター付きの椅子は使わないようにしてください!

エクササイズ6 - 座りながらニーエルボー

やり方:

背筋を伸ばして椅子に座ります(常に背中を背もたれから離すようにしてください)。両手を頭の後ろで組みます。右膝を胸に引き寄せ、左肘が右膝に着くよう体をひねります。元の位置に体を戻し、15回繰り返します。反対側も同様にします。

左右15回を1セットとして、4セットを目標に頑張りましょう。

期待できる効果:
体側と下腹部に刺激が与えられるので、ウエストラインのシェイプに効果的です。肘が反対側の膝にきちんと着くようしっかり体をひねれば効果抜群です。

椅子1つでこれだけ多様なエクササイズができます。気分転換にこのエクササイズのうちどれか1つでも毎日続ければ、たまにジムに行くよりも体が喜ぶかもしれません!

出典

Bright Side

コメント

おすすめの記事