赤ちゃんの足ツボ!

赤ちゃんが泣く理由はさまざまですが、腹痛、風邪、便秘など、体の不調が理由のときもあります。 まずは医師の診察を受けることが肝心ですが、赤ちゃんの体調を整えるのにはリフレクソロジーもおすすめです。体の靭帯や筋肉が完全に形成されていない小さな赤ちゃんの体は新陳代謝も高く、優しいマッサージにも敏感に反応します。

赤ちゃんの調子がよくないとき、気持ちいい足つぼマッサージでリラックスさせてあげてみてはいかがでしょうか。スキンシップには情緒の安定、信頼感や愛情を深める効果もあります。今回は赤ちゃんの足裏のツボをいくつかご紹介します。

風邪を引くと、咳き込んだりゼコゼコ息苦しくて夜に何度も目覚めたりしてしまうことがあります。呼吸器官に効くのはここ、指の付け根のふくんでいる部分です。親指の腹を使って、押すのではなく、滑らすように優しくマッサージしてあげましょう。また、赤ちゃんが息苦しそうなときは、部屋の湿度を管理して息がしやすい環境を作ってあげたり、体を縦に抱いて背中を軽く叩いたりしてあげるのも効果的です。

指の中心は鼻につながるツボです。赤ちゃんの鼻の調子が気になる場合は、足指を1本ずつクルクルと回すように優しくマッサージしてあげてください。

頭と歯

指の先は頭や歯を刺激するツボです。歯が生えかけの痛みやムズムズの時期には、ここをさすってあげてください。

 

みぞおち

みぞおちのツボはご存知、足の膨らみの下の部分です。みぞおちは腹の神経が集まっている場所のため、胃や腸などをリラックスさせる効果があります。

消化器官

赤ちゃんの足の中心の部分に、指を左から右、右から左に向かって滑らせます。ここは、お腹の調子をよくするのに効果的な部分です。

おなかの張り

腸を刺激するエリアは足の下のこの辺りです。便秘やガスなどの腸の不調はストレスの原因!赤ちゃんの腸内環境やおならの臭いが気になる場合は、この部分をさすってあげてください。

骨盤

赤ちゃんの骨盤を刺激する?ここは腰回り全体に効く部分で、腹痛などにも効果があります。力をあまり入れないように気をつけながら、キュッと長押ししてあげましょう。

手のぬくもりと心地よい刺激は、赤ちゃんのストレス解消にも役立つはずです。ぜひお試しください!

赤ちゃんの体調が少しでも気になるときは、まずは必ず医師に相談してください。

コメント

おすすめの記事