多くの女性たちがキャベツを胸に入れる理由がこれ。様々な効果が期待できる。

出産を経験したことのある女性であれば、授乳の痛みを経験したことがあるかもしれません。 授乳が原因で乳房が腫れてしまったり痛みがある場合は、一体どうすればいいのでしょうか?

今回紹介する方法は一見奇妙に見えますが、効果を感じる女性が大勢いるということです。それは、冷やしたキャベツの葉を胸に当てておくというもので、ブラジャーの締め付けによる痛みなどにも効果があるそうです。

bb

この方法と効能について行われた研究によると、この方法はキャベツに限らず、例えばケールなど、アブラナ科アブラナ属の葉野菜でも同様の湿布効果が期待できるそうです。 

55

この方法を試してみたいという人は、まずキャベツを冷蔵庫で1時間ほど冷やしましょう。それから一番外側の葉っぱは外して捨て、中の葉を2枚はがして、冷たい水で洗います。次に太い茎の部分を切り取って、葉の真ん中あたりに乳首のための穴を開けたら、それを胸に当てて20分ほどそのままおいておきましょう。

キャベツの葉の湿布には、リラックス効果も期待できます。葉っぱが温まってきたら取り外し、痛みがとれるまで繰り返してみてください。もちろん、どうしても痛みが取れないという場合には、病院で医師に確認してみることをお勧めします。

コメント

おすすめの記事