月桂樹の葉でリラックス、ユーカリプトールが効果発揮

アロマセラピーを試したことがある方なら知っているかもしれませんが、香りには、心を落ちつかせ、気分を楽にしてくれる効果があるものがあります。 しかし、これはいったいどのような力が作用しているのでしょうか?

Relax

ローリエ、ローレル、ペイリーフとも呼ばれる、月桂樹の葉の香りには、心を落ち着かせる効能があるといわれています。月桂樹の葉は特に地中海の料理にもよく使われますが、食材の臭みを消し、風味を与える意外にも、活用法があるそうです。

bay leaves

古代ローマや古代ギリシャの時代には、月桂樹の葉には癒しの効能があると信じられており、料理の材料としてだけでなく薬草としても活用されていました。これが現代にも伝わり、現在は勝利や成功を象徴する存在としても有名です。

Laurel wreath

月桂樹に対する古代の考え方は、数百年たった今、科学的に証明されています。月桂樹の葉に含まれる成分には心を落ち着かせる効果に加え、痛みを和らげたり、炎症を落ち着かせる効果や、てんかんを予防する効能も認められているのです。これは、 月桂樹の葉の油 に含まれるユーカリプトールと呼ばれる成分が呼吸を楽にしてリラックスさせる効果をもっているからだそうです。

Lorbeerblätter & Pfeffer

さらに、月桂樹の葉は血圧を下げる効果もあり、不眠症やストレスの治療に使用されています。また、血糖値を抑え、コレステロールを健康な値に保つ効果が認められています。

Breathe.

ちなみにそのまま食べることはできないので、注意してください。食べ物に月桂樹の葉が入っている場合は、食べるときに取り除くようにしましょう。

Wikimedia

月桂樹の葉の心を落ち着かせる作用を試すため場合は、灰皿の上などで葉を数枚燃やしてみましょう。このとき葉がしけっているとうまく燃えないので注意が必要です。

Youtube/Edvīns Ždanovičs

数分もすれば、安らかな香りで部屋が満たされているのを感じられると思います。これによりストレスや緊張がほぐれ、気持ちも落ち着いてきます。

燃やす葉のまわりに燃え移りそうなものがないことを確認してから行ってください。

古代ローマや古代ギリシャの人々は、この植物が持つ不思議な力を理解していたんですね。本当に様々な用途に使える万能の葉っぱです。

コメント

おすすめの記事