睡眠中のこむら返りの原因と予防方法

仕事を終えた長い一日の終わり、幸せを感じながらベッドに入り、そして眠りにつく。ところが突然足がつり、激痛で寝るどころではなくなってしまう。 このような「こむら返り」を経験したことはありますか?こむら返りとは、ふくらはぎに起こる筋肉のけいれんの総称で、多くの人を突然襲う症状です。このような足のけいれんはいったい何が原因で発生するのでしょうか?今回はこむら返りの原因と、その対処法についてご紹介します。

1.夜に体が冷える

部屋を暖めすぎないほうが睡眠サイクルにとっては良いと言われていますが、脚が冷えていると、筋肉が収縮することで血液の循環が悪くなり、こむら返りが発生しやすくなります。ベストな方法としては、寝る前に窓を少しだけ開けておき(冬の間は暖房の温度を下げ)、脚にちゃんと布団や毛布を掛けて寝るのがいいでしょう。

2. 足の筋肉疲労

当然ながら、日頃から運動を心がけ健康を維持することは体にとって非常に重要です。一般的に筋肉が発達している足ははけいれんを起こしにくいとされていますが、適切なストレッチを怠ると筋肉疲労が原因でこむら返りが発生することがあるようです。

Flickr/jganderson

3. 水分不足

体の水分が不足している場合も発生率は高まります。脚の筋肉は体の中で最も大きく、特に水分不足に弱いとされています。運動後の水分補給を怠ると、こむら返りが発生しやすくなります。汗を多くかくような場合は、水分補給を心掛けましょう。

Flickr/luderbrus

4. 長時間の立ち仕事

一日を通して立ち仕事をしなければならない人は脚に継続的なストレスがかかるため、こむら返りのリスクが特に高いといわれています。高いヒールの靴を履いている場合は、さらに発生率が高まります。立ち仕事の中でもなるべく休憩を挟むように心がけ、できればハイヒールなどは履かないようにしましょう。

Flickr/mikecogh

5. 予防方法:バナナを食べる

バナナにはマグネシウムが多く含まれていますが、マグネシウムには筋肉の発達を助け、トレーニング後の体をリラックスさせる効能があります。スポーツ選手などにポピュラーな方法です。

Flickr/fifikins

6. 予防予防方法:固形石鹸

寝る前に、ベッドのシーツとマットレスの間にごく普通の固形石鹸を入れるだけ。信じられないかもしれませんが、多くの人がこの効果を実感しているそうです。石けんの香りが与えてくれるリラックス効果によるものだとの説もあります。騙されたと思って試してみてください。

6. 予防予防方法:温かいシャワー

筋肉が暖められると血管が拡張し、より多くの血液が循環することで筋肉に酸素がいきわたります。お風呂に入る前にストレッチをするとさらに効果的です。

Flickr/andrewmalone

8. 予防法:漬物の汁を飲む

この理由は漬物の汁に豊富に含まれている電解質にあります。塩分、酸(酢)、そして糖分を非常に効率的に摂取できます。

いかがでしたか?石鹸の話は少し不思議な感じがしますね。予防を心がけ、痛いこむら返りから解放されましょう。

コメント

おすすめの記事