バンドエイドにハサミを入れる。1分後、試さずにはいられない

ばんそうこう、バンドエイド、キズバン、カットバン、サビオ、リバテープ、その呼び名はさまざまですが、傷口にばい菌や雑菌が入るのを防ぐために貼る「救急絆創膏」は、欠かせない家庭の必需品です。 そんな絆創膏の知られざるライフハックが今、大きな話題を呼んでいます。「ずよね~ま」(@ponzuyo)さんが先日Twitter投稿した「指先の絆創膏の貼り方」は、普通の貼り方とは比べ物にならないほど剥がれにくく、グリップ力も雲泥の差なんだとか。

こちらです:

方法は簡単です。まずは絆創膏の横から中央のガーゼ根元部分までハサミを入れます。清潔なハサミを使うようにしましょう。 

傷にガーゼ部分をあてたら、グイッと引っ張りながら、クロスして巻き付けるようにして貼るだけ。

見事なまでにしっかりフィット。端が浮いて波打つこともなく、少々のことではビクともしなさそうです。

役に立ちそうな一生ものハック、怪我したときのために覚えておきましょう!

コメント

おすすめの記事